スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ROMANCIA 31

 「これは失礼をいたしました…」
 でっぷりした中年男が、揉み手をしながら現れた。
 「あなたが我が主を招いた方ですね」
 レンが少し声を厳しくする。
 キョーコは混乱のまま言葉を見つけられない。じゃあこれが領主様、街で見た肖像と30㎏くらい体重が違いそう、って言うか主ってダレ。
 「いかにもさようで」
 頷いた男は眠たげに垂れた瞼の下から二人(ヒカルは明らかに目に入っていない)を矯めつ眇めつしている。瞳が、ねっとりした光を浮かべた。
 「さすが、大魔道士様ともなると従者も堂々たる美丈夫ですな。是非我がコレクションに加え…いや何」
 えっほん、とわざとらしい咳払いが響く。
 「しかし、その割にご本人はちんちくり…」
 えほえほがっほん。更に白々しく俯き、領主は前に垂れた長衣の裾を引いて直すふりをした。
 キョーコの眉が寄っている。
 「ちんちくりんで悪うございましたねーだ…」
 しっかり聞き取っていたらしく、不貞腐れた呟きが洩れた。
 「いやいやいや!」
 口の軽い中年男が慌てだした。
 「滅相もない。ちんちくりんは私のことでしてな!私などのような者に、大魔道士様が会ってくださるとは勿体ないことと…」
 「その割には手荒い歓迎ですが」
 レンがにっこり笑う。
 「いや、それは…」
 「まあ、お気持ちはわかります」
 大汗をかく領主は数瞬瞳をうろつかせたが、意外や助け舟を出したのは竜の化身の方だった。助け舟と言うよりは、話をさっさと進めたかっただけにも見えるが。
 「魔道士様の力量を試したかったのでしょう?この程度で死ぬようなものならいずれ組む価値もない、といったところでしょうか。ずいぶんと傲慢ななさりようですね」
 やはりフォローではなかった。にこにこと辛辣なことを言い、彼は傍らの少女をそっと見降ろした。
 「もちろん、我が主には小手調べにもならないとご理解戴けたことでしょう」
 「そ、それはもう、あれだけの矢をものともしないお力のほどは!」
 (…?)
 キョーコはただ突っ立っている。自分を置き去りに、どうやら話は進んでいるらしい。どこへ向かってなのかさっぱりわからないけれど。
 ぼーっとしている様子を目に留め、領主がおおこれはと肩を引いた。
 「気が利かず申し訳ありません、ささ、どうぞ奥へ。まずはお寛ぎ戴き、ゆるゆるとお話をですな」
 自分の出て来たドアへと促すのを、レンがゆったりと頷く。
 「そうですね…きちんと伺っておいた方がいいでしょう」
 まるで、本当はとっくにわかっていると言いたげな…
 「でなくては、合意点を確認できませんからね」
 いや、わかっていると言っている。これも彼が竜であるための、人知を超えた霊感のたぐいなのか、それとも永生の時の中で磨かれた洞察力なのか。どちらにしても自分の手には負えそうにない、とキョーコはこっそり諦めの溜息を落とした。
 というか、自分はどこへ連れて行かれるのだろうと思う。その一方で、自分が本気で心配をしていないこともわかっていた。それは間違いなく、隣にいる人物(のふりをした竜)のせいで。
 何か毒されて来ているような、と横目をつかえば、レンはにっこり促して来る。
 「とりあえず話を聞いてみましょう、我が主(マイマスター)」
 伺う形でも、選択の余地などもらった気がしない。仕方なく足を踏み出しながら、
 「マスターって誰ですか…」
 せめても呟いてみる。答えは実に簡潔だった。
 「君に決まってる」
 それが主に向ける言葉遣いであるものか。愉しそうに見えるのが業腹で、キョーコはよほど長い脛を蹴飛ばしてやろうかと思う。
 何となくあとが怖いので、実行はしなかった。







  web拍手 by FC2

続きを読む

スポンサーサイト

ROMANCIA 30

 領主の館は背後に海を控えた丘の頂上にあった。加えて高い城壁に視界を遮られ、街から中の様子を窺い知ることはできないようになっている。
 内部に入ると、城壁のあちこちに取り付けられた弩砲の台座が目に入った。更に城館の中へ案内されて進むうち、すこし開いた扉の向こうにずらりと槍やら剣やらの並ぶ部屋が垣間見える。明らかに武器庫だ。
 そうした様子を堅牢と取るかある種の後ろ暗さを感じるかは個人の問題かもしれないが、館全体を覆うムードが明るいものだとはお世辞にも言えなかった。
 やがてキョーコら一行は家令を名乗る老爺に控えの間へと案内され、謁見まで少しお待ち下さいと言い渡される。
 「謁見、ね…大魔道士様に自分から会いたがった割には大層だな」
 何を考えているのか、レンがぼそぼそ呟いた。どうも背後の空気が黒い。
 反して、 
 「どないしょ、俺、口から心臓出そうや…」
 もぞもぞと椅子の上で尻を直すのは半ば強引に同行させられて来たヒカル、自分の胸と口元に手を当てている姿はあまり医師らしく見えなかった。
 そして当のキョーコはと言うと、さして長くない道中では豪華な馬車のクッションを敷き詰めた座席でそわそわドキドキと期待にうち震えていたのだが、いざ館に入ると意外に質実剛健といった内装なのでがっかりしているようだ。
 「君は頼もしいね」
 すこし笑うレンに、彼女は不得要領のまま首を傾げる。
 「どういう意味ですか。あ、あと、大魔道士様はやめて下さい、意地悪ですね」
 軽く睨むと、竜はまた笑った。
 「俺が言ったんじゃないよ。どの道、素質は充分だと思うけどね。君のそういう、どこでも自分を見失わないところとか」
 「え~…」
 キョーコはますます不審そうに顔を顰める。
 そこへ、先程の家令が戻って来た。領主様がお会いになりますと言うので、三人はそれぞれに腰を上げる。レンが、すいと片手を差し伸べた。キョーコの手を取って引く。
 「え」
 戸惑うのへにこりと微笑みかけ、彼はそのまま歩き出した。エスコートされるままキョーコも足を踏み出す。
 入って来たのとは別の扉をくぐると、ごく短い柱廊に出た。高い天井からは幅広の美しい布が垂らされ、両側へ絞られて優雅なドレープを床へと雪崩れ落としている。
 その向こうで、びん、とにぶい音がいくつも起こった。
 ほぼ同時に、レンがキョーコの手を高く掲げさせる。そこから風が生まれ、布を射抜いて飛来する矢を巻き落とした。
 「なっ…!?」
 驚くキョーコを目顔で黙らせ、竜の化身はそのまま手を謁見の間の大扉に向ける。周囲の風が縒り集められたようによじり合わされてそこへ向かい、両側に立つ衛兵と扉自体を吹き飛ばした。
 がん、と音を立てて開いた扉の向こうへ、レンが妙に穏やかな声を向ける。
 「これは何の真似ですか?」





  web拍手 by FC2

続きを読む

ROMANCIA 29

 「ひゃああああ!!?」
 「へ?」
 奇声とともに物凄い勢いで小屋の一番奥の壁に張りつくキョーコに、闖入者である青年医師は自分こそ面食らった顔と声を向ける。
 「ヒ、ヒカルさん」
 「あ、うん…なんか、ごめん?びっくりさせてもたみたいやね」
 「いえ、お蔭で我に返…いえその、ええと、お急ぎの御用でも?」
 女魔道士はしどろもどろのまま胸に手を当てている。竜の化身は先程自分の髪に触れかかっていたその手を無表情に見つめているが、彼女は頑なに視線を返そうとしなかった。
 いわく言い難い空気がもやもやと漂う中、ヒカルが忙しく頷きながら一歩だけ小屋の中に入って来る。
 「そやそや、あんな、大変やねん」
 「はい?」
 医師はきょとんと首を傾げるキョーコと小さく息をつくレンを気まずげに見比べ、仕方なさそうに言葉を継いだ。
 「いまさっき、街から領主はんの使いが来たんやけど」
 「領主様の?まさか、また立ち退きを要求して来たり…」
 彼女らを含めた人々がここへ移ることになった経緯を思えば、領主の性質はあまり慈悲深いとは言えないだろう。軽く眉を顰め、キョーコはともかく続きを待ってヒカルに視線を固定する。
 すると医師はかぶりを振ったが、話は彼女にとって同じほどありがたくないものだった。
 「そやなてな、京子ちゃんに会いたいゆうて来てんねよ」
 「え…私ですか!?」
 メゾソプラノが跳ね上がる。全身から?マークを飛ばす娘に、医師は言いにくそうに言った。
 「うん…どうも、あの川のことが」
 と窓の外を見る。午後の陽射しを受けて白金の光を躍らせる、豊かな、澄んだ川面。
 「一夜川とかって街で噂になっとるらしいてな。それを作ったっちゅう大魔道士を、ぜひ館に招待して話を聞きたいゆうことらしいで」
 「うっ…」
 キョーコが恨めしくレンに視線を流した。言わないことじゃない。
 「外にな、あない馬車も寄越して来はった」
 ヒカルが外を指すので、彼女はのろのろと窓に近付いて覗き込む。途端に固まった。
 大きな金ぴかの馬車。白い扉には紋章が打たれ、小窓にはレースのカーテン。たった一人を迎えに来たと言うのになんと6頭立てで、馬はいずれも斑紋ひとつない白馬が打ち揃っている。手綱を執る御者も白地に金ボタンのお仕着せに金のバックルつきの靴、羽飾りつきの帽子に真っ白な手袋と来たものだ。
 「なー、悪趣…」
 「素敵…っ」
 キョーコの呟きには、オトメの憧れと夢ときらめきが詰まっていた。ヒカルが慌てて口を閉じ、レンは軽く目を見開いている。
 「あ…でも、ご招待をお受けするわけにも行きませんよね…」
 女魔道士の視線が未練がましく馬車にまとわりつくが、立場を思えば他に言いようがない。
 「先日の一件を思えば推して知るべし、というところだけど…領主の評判は?」
 代わって尋ねたのは、それまで黙って聞いていたレンだった。
 「あー…まあ、知るべし、っちゅう範囲ですわ…」
 青年医師は返答の言葉を濁すが、顔に貼り付いた苦笑いがすべてを語っている。薬師はかるく頷き、キョーコに向き直った。
 「とりあえず使者に会わないとね。京子は招待を受けますが、2名の供を許して下さいって方向で頼むよ」
 「え、レンさん?頼むよ、って言われても」
 「いい機会だ。ここの今後のために領主の援助を得られれば上出来、そこまで行かなくてもとにかく排斥の意志は捨ててもらおう」
 またか、とキョーコがげんなりする。どうしてこの竜は、こう前向きと言うか実務的で行動的なのだ。しかも、彼のやることはいちいち大きくなるのが恐ろしい。
 「捨ててもらおうって、そんなうまく行くんですか…?」
 レンの意志が通らないことにでなく、通り過ぎることを危惧しながら女魔道士は精一杯の反論を試みた。
 竜の化身がにこりと笑う。
 「そこはそれ、話の持って行き方次第だろう?乙女心と違って、因業非情心なら予想もしやすいしね」
 「おおお、乙女心って」
 しかもずいぶんと厳しいことを言う。まるで自分の苛立ちをぶつけるような…もしかして領主が一番悪いのは、“間”というものではないのだろうかとキョーコには不安だった。




   web拍手 by FC2

続きを読む

ROMANCIA 28

 「そうそう、その薬草の根をすり潰して…でも、花が咲いてる時期のものは駄目だよ。毒が生じるからね」
 「花はいつごろですか?」
 ご~りご~り。薬研を使いながら、キョーコは師とする青年(ニセ疑惑あり)の手元を見る。自分から薬師役を言い出すだけはあって、レンの知識はかなりのものだった。施療スタッフにも重宝がられている。
 「春先だね。雪が消え始める、早い頃」
 乾燥させる薬草を束に作ったレンは、すいと立ち上がって梁にそれらを吊るしにかかった。施療キャンプの中で、今のところ彼の薬草小屋だけが曲りなりにも木造になっている。
 「その頃には、毒を抽出して別の用途に使うんだ」
 「そうなんですか~。無駄がないですね!」
 キョーコはすり終えた生薬を小瓶に量り分け、封をして棚に並べた。
 「そうだね。君の仕事と同じくらい、かな。覚えが早くて助かるよ」
 「え、そんな…」
 褒められた娘は、しきりに照れながら竜の化身を振り返る。そこで、棒立ちになった。頬に見る見る血の色がのぼる。
 (なんて顔で、私のこと見るの……)
 甘やかで温かな、大切で仕方ないものを見るような。跳ねた心臓は、何を知らせたのだろう。
 「どうしたの、キョーコ」
 様子がおかしいと思ったらしい、レンが薬草を置いてつかつか歩み寄って来た。
 「えっ、あっ…いえ!その、な、何でもありませんっ」
 キョーコは急いで作業に戻る。しかし耳まで赤く、語尾が震えていては見逃されるはずがなかった。
 「キョーコ?」
 レンの長い腕が彼女の両脇を囲い、大きな手は戸棚の枠をつかむ。閉じ込められた格好で固まる女魔道士に、少し顔を伏せた長身の青年がそろそろと問う。
 「何か、気に障ることを言ったかな…」
 「え!?そんな、違います!」
 慌てて振り返ると、すぐ近くで目が合った。
 「あ…」
 キョーコはまた固まってしまう。しかしレンの顔を見て、じきにその肩から力が抜けた。叱られた子供のようにしおたれて彼女を見ている様子は、とても古の竜の化身とは思えない。
 「俺、は…人じゃないから、よくわかってないんだと思う…」
 ぼそぼそと綴られる弁解じみた言葉。嫌わないで、と言われているようで妙にくすぐったい。
 (なんだか、かわいい…)
 彼に冠する形容とは思えないことを思って、キョーコはつと右手を上げる。少し屈んでいる今なら、頭を撫でられそうだ。
 目標地点を見上げつつ、手を伸ばして行く。レンは目を見開き、もう少し頭を下げてじっとしている。
 細い指の先が、黒い髪に触れた。
 と同時に、
 「京子ちゃん!!」
 彼女の偽名というほどでもない偽名を呼ばわって、小屋のドアをぶち開けた者があった。




  web拍手 by FC2

続きを読む

ROMANCIA 27

 どん、と地が震えた。
 「え?」
 身を捩る風が大気を貫き、火花を捲いて土を抉る。
 「え?」
 咆え猛る雷声が飛沫を散らし躍らせる。
 「えええ…」
 銀の月光と青い稲妻を弾き、どっと溢れる奔流。
 「ひーーーーーー!!!!」
 押し寄せる水の壁から逃げ出すキョーコは、ふいと体が軽くなるのを感じて背後を振り仰いだ。彼女を抱えたレンが、宙に浮かんだままキャンプ裏手の丘の上へと移動する。
 「れっレンさん、出歩いてる場合じゃありません!テント戻りましょう、今すぐ!きっとじきにみんな起き出して来ますから、一緒になって『突然河ができちゃってる、不っ思議~!!』とか言わなきゃ!!」
 「それ通るのかな」
 竜の化身は笑っている。女魔道士はたった今放った魔法の余韻に震える手を押さえて言い切った。
 「成せば成ります!!」
 「いいけど…」
 「って、きゃああああ!!だだだだめだめ、やだ街が!!!」
 キョーコの声と身が跳ね上がった。地を突っ走って流れる水は、街へ押し寄せようとしている。
 「落ち着いて」
 後ろから右手を取られた。すい、と弧を描くように動かされると、同じように水が流れる方向を変える。
 「あ…」
 「海へ?」
 レンに聞かれて、彼女はこくこく頷いた。



 「びっ…くりしたわ、まー…」
 「す、すいません、あの。私もまさか、あんな大袈裟なことになるとは…」
 胸を押さえるヒカルの前で、キョーコはひたすら小さくなる。
 もちろん地上は大騒ぎになっていた。地面が揺れるのですわ地震かと飛び起きて来た人々は、ついさっきまで影もなかった河が勢いよく流れて行く…
 と言うか、できて行くのを見た。更に、ほとんど鉄砲水に見える銀色の塊が街へと向かっているのに気付いて騒ぐ間もなく、水はぐいんと進路を曲げて海へと走るではないか。
 呆気に取られる人々の中、ふと丘を仰いだ少女が、その頂上に指揮するように手を振る女魔道士の姿を発見した。
 お蔭で、今やキョーコは畏怖さえ寄せられる身となった。それも伝説の大魔道士級の。
 救いと言えば、青年医師の態度がさほど変わらないことか。
 いじいじと指を揉む娘に、彼はにこりと笑って見せた。
 「なんも謝ることあらへん。びっくりはしたけど、俺らお蔭で大助かりやさかいな?」
 「そう言って戴けると…」
 「ほんまやて。自分凄いわー」
 「え、いえ…あれはその、触媒が触媒だったので、エレメンツが喜んじゃって暴走したという」
 キョーコはこっそりレンに恨みがましい目を流す。彼は結果をある程度予想していたに違いない、少しも驚いていなかったのだから。
 あれのどこが、人間らしい結果なんですか。と襟首つかんでがくがく揺すぶってやりたい。
 キョーコは穏やかな流れに変わりつつある川面を見やり、口をへの字に曲げた。
 ああ、水の精なんて単語に簡単に浮かれて術への疑問を等閑にした数刻前の自分が憎い。大体、びっくりしすぎて精霊の姿に目を留めるひまもなかった…いやそうでなく。こんな大きなことになってしまって、ただで済むのだろうか。
 ヒカルののほほんとした顔を見ていると気が抜けそうになるが、先行きへの拭い難い不安が彼女にのしかかる。
 そんなもの、いっそあの河と一緒に海へ流れて行ってしまえばいいのに。
 彼女の祈りが聞こえたわけでもないだろうが、竜の化身が肩をすくめた。




web拍手 by FC2

続きを読む

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。