スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

present

 「………」
 煌々と照る蛍光灯の真下、敦賀氏はぼんやりとソファに腰掛けている。こころもち前に身を乗り出し、腕を組み、何か紙片を持った手を顎に当て、視線を斜めに落として。
 ひらと紙片を振り動かした。眉根を寄せた懊悩の表情すら艶冶で、鑑賞者のいないことが惜しまれる。
 そもそも、氏の自宅たる高級マンションの、一人分には些か無駄なと庶民なら慨嘆すらしそうなスペースも、普段なら彼の身に具えるゴオヂャスな光輝に満たされてなるほど必要な空間ではあるかと見えるものなのだが…
 今は。
 彼の視線の先には。
 どうもこう、何と言うか、異質なモノが『とえーん』と8%の乱れ集中線を引き絞っている。お蔭で室内の雰囲気は常になく家庭的(気遣い的表現)だった。
 「…」
 日本国内において最強人気を誇る俳優が、もぞと身動きした。
 顎の上の手がゆっくりと額にのぼる。
 「…っ…あの娘は………」
 綺麗に磨かれたテーブルの上に、なやましく吐き零される溜め息。それに揺らされてかさと鳴るのは、くるくると端を巻いたリボンと、その上に拡げられたラッピング用紙だ。
 そして、更にその中央には。
 いわゆる枕と呼ばれるモノ。が鎮座している。
 いや、それはこの際いいとする。
 するがしかし、問題はその形状である。
 どこからどう見ても、人の下肢の形をしているのだ。文句なく“膝枕”と呼べるような。
 敦賀蓮は掌中にした紙片…メッセージカードを開き、なんどめかにまた読み下した。
 細い、几帳面な筆跡で
 『大先輩の健康を支える安眠のため、枕を贈ります。以前ちょうどいいとおっしゃって戴いたので、私の膝の形状となっております。』
 …っふ~………
 これまた何度目かになる長い長い溜め息。
 「だから、どうしてそう…」
 俺を煽るのかな…?
 ものすごく精巧な人形を作る彼女のことだ。『私の膝の形状』も正確この上ないのだろう。恥ずかしいとは言っていたけど、そんなものを俺に渡していいのか?
 嬉しいやら、むしろ男扱いされてない気がして微妙にヘコむやら、うっかり妙な欲を覚えるやら。点目で頬を染めるという珍しい敦賀氏の姿を、果たして愛しい少女は予想し得たか。
 「絶対してないな…」
 敦賀氏は思った。
 まったく、ほんとに。


 どうしてくれよう、あの娘だけは。




  web拍手 by FC2

続きを読む

スポンサーサイト
検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。