たいせつでたいせつで(1)

 「……ーン…!」

 
 どうしてその声が聞こえたのだろう。
 ざわざわと流れる喧騒のただ中で、そんな、
 かすかな声が。


 「コーン…っ、待って…!!」


 金色の髪を揺らし、彼はぴたりと足を止めた。
 明らかに呼びかけのひびきを持った、しかし人の名前とも思えないその名詞と、
 光が弾けるような、甲高いのにやわらかい声には、確かに覚えがある。
 もう何年も前。
 ここでない、遠い異国の地で。
 まさか。
 まさか。
 そんなはずはない。
 でも。
 狼狽と不審と、期待を浮かべて碧い瞳が雑踏を見渡す。
 ふと、人の流れがごつごつと滞る部分があることに気付いた。思わず注視する。
 「…?」
 にょこっ、と。最初に小さな手が、ついで足が。大人たちの足の間からむりむりまけ出てきた。
 それから、やっと顔が。
 「!!」
 少しだけ、輪郭が伸びている。それでも明確に面影を残す黒い髪、小さな唇、大きな茶色の瞳。
 「キョーコちゃん…!!?」
 叫んだ瞬間には、クオンは少女に向かって駆け出していた。



 「イタクない?」
 感動の再会の一瞬、クオンしか見ていなかった少女は見事に歩道の敷石に躓いてすっ転んでしまった。近くの公園に連れて行ってすりむいた膝小僧を洗ってやると、彼女は涙を堪えてぷるぷるかぶりを振る。
 どうしてここ、アメリカにいるのだろうとか、
 もしかして、また一人で泣く場所を探してたんだろうかとか、
 俺のこと覚えててくれたんだねとか、
 自分の本当の名前とか。
 言いたいこと聞きたいことは色々あるのに、何から話していいかわからない。同様に何も言わないキョーコに、もしかして自分が妖精じゃないとわかってがっかりしてるのかなとクオンは困った気分になった。
 でも、嫌われてはいない。
 と、ずっと自分の服の裾をつかんだままの指先が教えてくれる。
 それだけでも安堵して、少年は細い指をそっと外そうとした。
 「大丈夫…どこにも行かないよ」
 笑いかけた時、痛そうに顔を歪めるキョーコに気付いた。
 「手も怪我したの?見せて」
 掌を開かせようとすると、彼女はさっと手を引っ込めて背中に隠してしまう。
 「キョーコちゃん?」
 「だい、じょうぶ、なの」
 妙に硬い声で言うのが気になって、クオンはもう一度呼びかける。にこやかに。
 「キョーコちゃん?」
 重苦しく。
 「…っ…」
 ひき、とひきつりながらキョーコはまだ首を振る。もう意地になっているようにも見えた。そう言えば、よく言って我慢と意思の強い、率直に言えば頑固なところのある子だったと思い返される。
 少年は長くしなやかな足を、無造作に一歩踏み出した。同時に素早く手を伸ばす。
 少女の両手をつかまえ、前に出させた。
 「いたい!」
 強引に掌を開かせると、悲痛な悲鳴が上がった。クオンが凍りつく。小さな掌いっぱいに印された、丸い火傷のあと。
 「キョーコちゃん…これ…タバコの……」
 「ち、違うの!」
 少女の声が跳ね上がる。
 「わたしがね、いけないの。ばかだから。だからしかられるの、当たり前なの。おじ…おとうさんは、悪くないのよ。わたしの、ためなの…」
 必死な声がだんだん小さくなって行く。見る見る盛り上がる涙の粒に、クオンは愕然と立ち竦んだ。
 「キョー…」
 少女は彼が何か言うより先に、慌てた顔で傾いていく太陽に目をやる。
 「あっ、私、もう帰らなきゃ!くらくなる前に帰らないとまた…」
 言いかけてはっと口を噤んだ。
 また。
 そんな一語が、なんとおそろしいひびきを持つのだろう。
 「キョーコちゃん…」
 クオンは悪夢を見ている気分で震える手を伸ばす。が、さっと身を翻した少女には届かなかった。
 キョーコは彼に手を振って、公園の出口へ駆け出そうとする。
 「じゃあね、コーン。また会えて、今でもきれいでうれしかった!」
 微笑む頬から散る涙の滴。クオンは思わず呼び止めていた。
 「まっ…待って、キョーコちゃん!」
 しかしキョーコは足を止めない。小さくなって行く背中に、彼は必死で約束を投げた。
 「あ…明日!明日また、同じくらいの時間にここで待ってるから!だから……」
 また会おう。
 一瞬振り返ったキョーコが、嬉しそうに微笑んだように見えた       


→NEXT web拍手 by FC2

続きを読む

スポンサーサイト
検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR