たいせつでたいせつで(115)

 「あい済みません、今日はもう店仕舞いなんですよ…」
 暖簾を下げに行ったおかみの声が聞こえる。
 ぽかりと空いた客の切れ目をいいことに話し込んでいた男たちは何となく店の入り口に視線を投げ、同時に互いに戻した。
 マカナンがぽつりと呻く。
 「世の中にゃ、ひでえことが溢れてやがる…」
 キョーコの過去について、あらましを聞いたところだった。
 美しいものを撮る映画監督の言葉に、アクションスターが溜め息と共に頷く。
 「神は光あれと言って世界を始めたはずなのにな…」
 「ああ?」
 カウンターの向こうに無言で立つ大将へコップ酒を差し出しながら、マカナンは唇の片端を歪めてクーを見遣った。
 「何言ってんだ。最初の言葉が光あれだったなんざ、嘘っ八だろ」
 「え…」
 映像家は無神論者だったのだろうか。戸惑うクーよりも先に、居酒屋の親爺が重い口を開く。
 「じゃあ、何だったって?」
 「決まってんじゃねえか。“No”だっつの」
 マカナンはぽいと言い捨てる。その、妙に少年めいた仕草に俳優はわずかに首を傾げた。
 「お前は神を信じないのか?」
 これに映画監督の返した答えは、皮肉な笑みだった。
 「別に、信じる気持ちまで否定する気はねえよ。『神話はたとえ客観的事実ではなくとも、人間生活に重要な建設的機能を果たしている』ってな」
 ストーの言葉を引用する姿に違和感を覚えるのか、アクションスターはより一層眉間の皺を深くする。
 「神に懐疑的であっても、不思議は撮れるものか」
 「不思議は魔の領域だろ」
 マカナンはあっさりと彼の得意分野を黒に断じた。それから自分の酒をちびりと舐め、しみじみと頷く。
 「けどまあ、そんでちっとはわかったな。坊主の過保護っぷりも」
 「ああ…」
 クーが苦笑を浮かべた。
 「けれど、キョーコをいくら大事にしてもし過ぎるということはないだろう?」
 「ふん…そりゃ、あの嬢ちゃんがそれに甘えきらねえからだな」
 マカナンがせり出した腹を揺する。これに逸早く同意したのは、カウンターの中の店主だった。
 「もうちっと甘えてくれりゃ、こっちも助かるんだがね」
 嘆息に近い声調子に、映画監督は半分だけ頷いた。
 「そんでも、嬢ちゃんにしてみりゃ結構甘えてるつもりなんじゃねえの?見てるとやっぱ、タイショーやオカミサン、坊主にクーにジュリにカナエってあたりにゃ態度違うもんな。全身で信じてるっつーか」
 「そ、そうか?」
 とはアクションスター。自分の頬を撫で、まんざらでもない顔をする。
 「言っとくけど、お前は5番目だぞ」
 「う…まあ、仕方ないが…」
 クーはちらりと大将を見遣り、やや言いにくそうに声を低めた。
 「じゃあ、1番は誰だ?」
 マカナンが考え込む。
 「あー…ハナの差でオカミサンか?」
 「あら、あたしよりクオン君じゃないですかねえ」
 背後の声に男たちが振り返れば、暖簾を手にしたおかみがやや複雑そうに微笑んでいる。
 「やっぱり、一番にあの子を助けてくれた恩人ですし」
 「いやいや!」
 クーが慌てて両手を振った。
 「それを言うなら、あの子がクオンを救ってくれたんだ。本当に…」
 語尾を湿らせるアクションスターに視線を流し、映画監督が腑に落ちたというように細かく頷く。実は彼は、誰が2番なのかを言っていないのだが、誰もそれには気付いていなかった。
 「なるほどな。坊主の変わりっぷりを見りゃ、そいつも納得って話だ」
 彼もまた、少年の過去と現在を知っている。
 「こーゆー話に出くわした時ゃ、ちっと神を信じそうになるな」
 皮肉とも納得ともつかない微笑を浮かべたあと、彼はところでと言って隣に座る男に向き直った。
 「ここ、お前が払えよ。ったく、いつもながらどんだけ食うんだ」






web拍手 by FC2
 
 


 「No」は最初に覚えて最後まで残る言葉だとか。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR