スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

たいせつでたいせつで(116)

 「ん…」
 ふっくらした唇が、小さな声をこぼした。
 クオンは頭上に手を伸ばし、隣席の読書灯を消してやった。機内に備え付けのカタログ本を手にしたまま寝入ってしまったキョーコの毛布を引き上げ、小さな手から本を抜き取る。
 すうすうと健康な寝息を立てる少女に見入っていると、
 「甲斐甲斐しいこったな」
 反対側から笑みを含んだひそひそ声がかかった。さすがのマカナンも、周囲のほとんどが安眠中という場所ではちゃんと音量を落とすくらいのことはするようだ。腕時計をクオンの読書灯にかざし、彼は小さく呟く。
 「ニポンまであと4時間か…ぼっちゃんはエコノミークラスなんざ初めてで寝付けねえってのもあるか?」
 と思えばやっぱり一言余分で、少年はぶっすりと肩越しに振り返った。
 「余計なお世話です。監督こそ、無理に俺たちに付き合わなくてもよかったのに。エコノミークラス症候群にならないように気をつけて下さいね」
 貧乏性、いやいやしっかり者のキョーコがファーストクラスだのは怖くて使えないと言うので付き合うことにした彼だけれど、マカナンだけ別にいい席を取るのではないかと期待していたのは秘密と言いつつだだ洩れだった。
 クオンは皮肉たっぷり、窮屈げに座席に納まっているビール腹を見遣る。すると映画監督はわざとらしく伸びをして少年の頭にこつんと拳固を当てた。
 「お前ホンっト、嬢ちゃんとそれ以外の人間区別しまくるよな」
 「差別って言って下さってもいいんですよ」
 「自覚してるトコがまたなー」
 マカナンは呆れると言うより面白がっているようだ。ゲラゲラ笑い出すのを我慢する様子で肩を揺する。
 「まあ、程度問題だが悪いこっちゃねえだろ」
 ぽんと言われて、少年は意外そうに目を瞠った。今度はちゃんと体を回して連れに向き直り、首を傾げる。
 「珍しい物言いですね」
 「あん?」
 「父に、キョーコちゃんの事情を話したって聞きました。同情、ですか?」
 声と感情を抑えてはいるが、碧い瞳には厳しい追及の色があった。切り込むように尋ねられたマカナンが辟易の態でぱたくた手を煽ぐ。
 「それだって悪意じゃねえってもんだろがよ…まあ、ちっと違うな。俺は別に、嬢ちゃんかわいそ~とか思ってるわけじゃねえぞ」
 「…そうですね、むしろ…言葉は悪いですが、面白がってるように見えます」
 「は」
 太鼓腹が大きく揺れた。
 「お前こそ気ィ遣うじゃねえか。フォローしなくていいんだぜ、間違いじゃねえからな」
 言い放つ映画監督の声には、彼の神聖なる仕事場でしか聞かれない厳しさが感じられた。クオンは目を眇め、わずかに首を傾ける。
 マカナンはうっすら笑み、丸まっちい指を彼の鼻先にかざした。
 「お前も嬢ちゃんも、子供をやり直してるトコだ。自分がガキだって思い出したトコだっつう方が近いか?とにかく、今まで子供でいられなかった分を必死で取り戻そうとしてる。うっかりすると共依存にもなりかねねえ瀬戸際を、よちよち辿ってな」
 向けられた指摘に、クオンが息を飲む。中年男は照れ隠しめいた粗雑な動作で太い腕を組み、ひとり頷いた。
 「そんで。俺はそういう、人間のあがきが…そこに生まれる感情の閃き合いってのがスキだってわけだ」
 少年の口が数度開閉し、言葉をは発さないまま強く結ばれる。
 しかし、否定の感情は彼のうえに表れてはいない。
 それと見たかマカナンは小さく笑み、少年の向こう側を覗き込むようにした。
 「ま、しっかりやんな。お前はキョーコを守りきって、キョーコはお前を信じきって。そういう、物語みたいな結末をオッサンに見せてくれよ」
 軽い口調に比して夢見るような瞳で、ファンタジー映画の第一人者が言う。戸惑いながら頷くクオンの耳に、座席の背にもたれながら彼が呟いた言葉が妙に残った。
 「しかし嬢ちゃんはホントのとこ、何しにニポンへ行くんだろな」






web拍手 by FC2
 
 


 ひこーきに乗ると寝るしかないワタシ。でないと酔うことが多いです。どうも、乗り物と言うより閉所がダメっぽい。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。