スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

いけいけむてきのキョーコさん(後編)

 「違いますっ」
 ぱっきり言い返されて、前に伸びようとしていた大きな手が宙に浮いたまま止まる。
 蓮の顔にありありと浮かぶのは落胆の色だろうか。キョーコはいっそ奇異の念に打たれながら言葉を継いだ。
 「触れていいんじゃありません。触れて欲しい、んです」
 「キョ」
 俳優の広い肩が躍る。しかし彼は自分の手に目を落とし、それと恋人の姿とを交互に見比べた。
 「…だけど」
 そろそろと紡がれる言葉には、紛れもない期待が乗っている。同時に、同じだけの懸念が。
 その様子を見て取り、キョーコは声を湿らせた。
 「お嫌、ですか」
 振り絞った勇気がしおしおと縮んで行くようで、ひどく痛いと彼女は思う。胸が、あるいは恋心が?
 蓮は絶句したまま固まっている。いつもやさしい眼差しが悩乱に揺れるのを見て、タレントは何を思うでもなく呟いていた。
 「ごめんなさい」
 すると、急に事態がクリアになった気がした。自分は、彼を困らせた。彼はどうしてか、彼女に触れたい以上に触れたくないのだ。ならば今の要求は、きっと重く迷惑だったことだろう。また、幼馴染の時と同じことを繰り返してしまったのだろうか?
 けれど彼は、彼女を愛していると言ったのに。
 恨む前に、消えようと思った。自分の荷物を目で探す。バッグはどこに置いたか、食材は持って帰らねばならないだろうか。
 「違う!!」
 突然、俳優が激しく叫んだ。よく鍛えられた、腹の底を震わせるような声音に、彼の前から立ち去ろうとしていたキョーコはびくりと居竦む。
 肩を掴んで引き戻され反射的に蓮の顔を見上げると、そこには焦げつきそうな切迫が浮かんでいた。
 「敦賀さん…?」
 「俺は本当に、君を愛してる」
 「え。あ…の、はい…ありがとう、ございます」
 瞳を合わせた上で強く告げられ、彼女はドギマギと頬を染める。
 俳優は、押し殺した声で言った。
 「だから、キスなんかしようものなら…1つでも手に入れれば、きっともう我慢が効かなくなる。歩く純情さんに、もっと先のことをどんどん…全部要求するようになるよ?」
 「…ぜ、全部って」
 「全部。君の唇、体、存在。
 「それでも、いいの?」
 少し目を伏せた蓮の睫毛の影で、黒い瞳が濡れ濡れと彼女を見つめている。キョーコは耳に入って来る言葉以上に目にした湿度に当てられ、軽い目眩を覚えた。
 「…キョーコ?」
 そろりと名を呼ばれ、唇を戦慄かせながらぎゅうと目を瞑る。
 「がっ我慢して下さい!!」
 叫ぶと同時に、蓮が息をついた。了解、と聞こえた。そのまま離れて行こうとする手を、キョーコは慌ててつかまえる。
 「だか、ら、そのっ…キ、キスだけで!!当分は我慢して下さいっ」
 俳優の口が、ぱかりと開いた。いっそ幼いと言うべき表情は彼女さえも見たことのないものだったが、キョーコはそれにも気付かずにはうはう付け足す。
 「い、いつかは敦賀さんにって、決めてますから!!」
 「………」
 ずる、と蓮がへたり込んだ。床に座り込み自分の膝の間に頭を落とし、長い長い息を吐く。
 「ああもう、君には敵わない…」
 呟いたかと思うと、彼はつかまれたままの手を辿り上げて困り顔のキョーコと視線を合わせた。
 「君の望むままに、残酷なお嬢さん」
 「残酷って、ひゃ」
 抗議しかけたキョーコはぐいと手を引かれてバランスを崩し、男の腕の中に落ちて行く。
 「敦賀さんっ」
 「いつかを、楽しみにしてるから…なるべく早く決心してくれるかな?」
 頬を両手で包まれ、囁きを落とされ。唇が、寄せられた。キョーコは震える唇を精一杯微笑の形につくる。
 「それは敦賀さんの心がけ次第です」
 ああ、と小さな呻き声が聞こえて、
 彼女はそっと目を閉じた。



―了―




  web拍手 by FC2
 
 


 ちゅーコトになりましたっ。
 onion様、リクありがとうございました~。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。