スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

たいせつでたいせつで(137)

 「え…」
 突然の闖入者の声に、振り返りかけていたキョーコの勢いが強まる。風が立つほど性急に身を翻し、彼女は大きく口を開いた。
 「ショーちゃん!!」
 呼びかけにピクリと跳ねたのは、むしろ蓮の肩だった。駆け出そうとするキョーコを留めるように手を伸ばしたところへ、いかなる神の悪戯か少女が石に躓いてよろける。
 おかげでごく自然にキョーコを腕に収め、彼は焦慮を微笑に隠して尋ねた。
 「大丈夫?キョーコちゃん」
 「う、うん、ありがとう」
 「気をつけないと、こんな石だらけの場所で転んだらひどい怪我をしかねないよ」
 「はい…ごめんなさい」
 少女がしゅんとしたところで、少年のまだ甲高い声が再び響いた。
 「おい、キョーコなんだよな?そいつ何だよ。変質者じゃないだろうな」
 置き去りにされた格好の“ショーちゃん”は、いかにも日ごろ人に構われつけているらしく不服げに口を尖らせている。
 「あ…えっと、久しぶり、ショーちゃん。あの、この人はね。アメリカの知り合いで、一緒に日本に来てもらって」
 「なんだよそれ、結婚でもするみたいじゃんか」
 さすが幼馴染、と蓮は左目の奥あたりで思う。思考の飛び方がキョーコと似ている。言う内容はともかく、その点と言い立場と言い口のきき方と言い、到底好感を持てる気がしなかった。
 一方、キョーコの方は可哀相なくらい真っ赤な顔で棒立ちになっている。
 「けっ…!?」
 「だったらいいのに」
 わざとショーを見ながら言い放つ蓮をあわあわと見上げ、彼女はぶんぶん両手を振り回した。
 「ななな、何言ってるのクオンはもう、変なことばっかり。ち、違うのよショーちゃん、そんなわけないじゃない。私まだ11歳だし、クオンだって15歳にしかなってないし」
 「クオンってそいつかよ。15歳にゃ見えねーけど」
 言い返されて初めて、ぴたりと黙った。そろ~、と蓮を見上げる。
 「じゃなくて…蓮さん、です」
 ほしょほしょ言うので、変質者ならぬ変装者は噴き出してしまった。
 「まあ、いいよ。この場だけなら特に支障はないし」
 笑いながら慰めると、キョーコは小さくなりながら詫びを重ねる。
 「ごめんなさい…」
 坊ちゃんがついに焦れた。
 「っておい、何だよいったい。わけわかんねーな、結局そいつ誰で、何しに来たんだよ」
 キョーコに伸ばされた手を、蓮は宙でつかみ取って握手の形にした。
 「俺は敦賀蓮。クオンって言うのは俺の洗礼名で、アメリカではそう呼ぶ人が多いんだ。日本へ来たのは、キョーコちゃんともう1人の付き添い、それと自分の用も兼ねて」
 「はあ…?」
 虚実取り混ぜてにこにこと話す彼を、短髪の少年はひどく胡乱げに見上げる。
 「わっけわかんねー。けどまあ、どうでもいいか」
 肩をすくめると、くるりとキョーコに向き直った。
 「おいキョーコ、お前、あとでうちに来るんだろ?」
 「あ、うん。お昼食べて、女将さんたちが少し手の空く時間帯を見計らってご挨拶に行こうと思ってるの」
 「あー、そんなとこだと思った。ったく、お前に久々に会えるってオフクロがすげー張り切っちまってんだよ。俺は耳がいいから全部叩いて一番いいスイカ買って来いとか言って追い出されたんだぜ?折角夏休みの宿題してたのによー」
 「ご、ごめんね」
 「まあいいけどよ…そのかわり、後で宿題手伝えよ」
 「え…また?ちゃんと自分でやらないと身につかないって叱られるわよ」
 「うっせー。黙っときゃわかりゃしねーよ」
 「もう…」
 キョーコは呆れたように眉を下げるが、口調がやさしい。テンポよく言いたいことを言い合う様に、今度は自分が置き去りにされた気がして蓮は面白くない。やはり一人っ子のお坊ちゃまである彼は、自分の武器と意思を行使することにためらいはなかった。
 「キョーコちゃん、そろそろ行こうか。買い物の時間がなくなっちゃうよ」
 「あ、うん。そうね」
 肩に置かれた手にキョーコが振り返る。蓮はショーの視線を意識しながら、少女にとびきり優しい微笑を送った。
 「え、えっと。あ、じゃあショーちゃん、あとでね」
 “別のひとみたい効果”か、頬を染めるキョーコの動作がぎくしゃくし始める。
 「おう…」
 「失礼」
 少し眉根を寄せるショーにはやや種類の違う笑顔を向け、蓮は少女の肩を抱いた。
 「足元に気をつけて」
 「う、うん」
 背中に突き刺さる視線は、もちろん承知の上だった。






web拍手 by FC2
 
 


 クオ坊が露骨です。15歳は20歳以上に抑制が効かないな;


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。