スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

フォルトゥナタ(3)

 混雑する市中を抜け預けていた馬を受け取ったクオンティヌスは、騎馬で皇帝の住まうパラティーノ丘の東、チェリオの丘にほど近いドムス(邸)へと帰って行く。
 「おお、お帰りクオン。待ちかねたぞ!!」
 「それはどうも、お待たせしました」
 馬を世話役の奴隷に預けて邸内に入ると、先に知らせが行ったらしく父がいそいそ出迎えに来た。早速荷物に手を伸ばすのへ、金の髪の青年騎士は仕方なさそうな、しかし愛情を含んだ眼差しを向ける。
 クーヤヌスの方も息子を温かく労った。鼻腔が膨らんでいるから、手の中の荷物に意識のほとんどが行っていると知れるけれど。
 「わざわざお前に行かせてすまんな」
 「構いませんよ、結構面白かったですしね」
 アトリウムの壁を彩るフレスコ画に目をやりながら、クオンティヌスは少し頬を緩めた。そこには吉凶を両手に握る運勢の女神フォルトゥナが描かれている。
 誰かの面影を追うように目を細める息子の姿に気付き、クーヤヌスは不思議そうな顔をしたが、すぐに戻された青い瞳が微笑を含んでいるのを見て自分も微笑んだ。
 どうやら息子は本当に市場が楽しかったようだ、と思ったらしい。クオンティヌスを促して奥へ向かいながら晴れやかに笑った。
 「それはよかった。で、買い物だけなら奴隷に行かせれば済むところをわざわざお前に行ってもらったわけだが…どうだった」
 脇腹をつつくように尋ねられ、息子はそうですねえと宙を見上げる。
 「問題ないと思います。思ったよりもずっと若かったので少し驚きましたが、けして胡乱な人物には見えません。市中の人々にも好かれてるようですし、口のきき方も下品ではありませんでした。人柄もなかなか立派なようです」
 「そうか!それはいい。何しろ彼女は料理人としても1級と聞くからな!ぜひその芸術を味わってみたかったのだ」
 クーヤヌスはホクホク言った。なにやら発音が不明瞭だと思ったクオンティヌスが目を向けてみると、早くも解いた荷物からフォカッチャを出してもごもご食べ始めている。
 「あいか」
 わらずですねと呆れる息子の言葉も終わらないうちに、ローマの国政に与る元老院議員はぽろりと口からパンを落とし、慌てて両手で受け止めた。
 「どうしたんです、貴方が食べ物を落とすなんて」
 「落としてない、落としてない!落とすわけに行くか、こんな…旨いパン…!」
 へえ、とクオンティヌスの眉が上がった。父は大食いだが何でもいいわけでなく、舌は確かなはずだ。それがここまで言うのだから、ウルバのパンは相当に美味しいのだろう。
 「お前も食べてみろ!」
 タイミングよく差し出された新しいパンを受け取り、クオンティヌスはやや行儀を気にしながらそっと割ってみる。口に入れると、ほのかな塩味が旨味となってふわりと広がる。太陽を感じる味だと思った。
 「なるほど、美味しいですね…」
 父を見返ると、今度はアンフォラを探り出して栓に手をかけるところだった。
 つぽん、と愉快げな音がして、ほのかな芳香が漂い出す。
 「これは…!」
 クーヤヌスも驚いているが、クオンティヌスも空気に混じる香りに気付いて目を瞠った。
 「信じられん…ガルムの特徴的な臭気が、ここまで感じられないとは…むしろこれは、いい匂い、じゃないか」
 食欲魔人いや食通の述懐に、その息子も頷いて同意を示す。そもそも、料理とは滋味ゆたかだけれど臭気の強い魚醤の臭いをごまかすことであるとさえ言える。それが、こんな風に食欲をそそる匂いを放っているなどとは初めての経験だった。
 「むう…これはますます、ウルバに会うのが楽しみになった。これの製法について尋ねたら、教えてくれるかな?」
 「どうでしょうね…秘密にしてる可能性が高いと思いますけど」
 「かもしれんな」
 元老院議員はあっさり引き下がって、壺の細い首を握ったまま憧れるようなため息をつく。
 「クオン、なるべく早めにウルバを尋ねて、出張料理を頼めるか聞いて来てくれるか」
 「わかりました」
 返事はさらりと…
 速かった。




web拍手 by FC2
 
 


 もうこの頃にはフォカッチャみたいなパンがあったそうな。いちいち「みたいな」とかゆってるのも面倒なのでフォカッチャっちゅーことにしときます。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。