スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ROMANCIA 9

 レンは半端に挙がった手を、軽く握り、上空を指すような形にした。それをぐるりと振り、
 「君は、竜の姿を求めてこの森に踏み込んだ…」
 確認するように呟けば、キョーコがしっかりと頷き返す。
 「はい」
 「ここが魔竜の森と呼ばれていたのは、もう遠い昔の話だ。今は単に魔物の棲む魔の森と呼ばれているだろう?確証もないのに、よく1人でこんな所まで入り込んで来たものだね」
 危険なまねをする、と暗に責めたつもりだったのだが、女魔道士はなぜか照れ臭そうに頬に手を当てる。
 「それはもう、気合と根性で」
 「いや、根性って…」
 「だって、どうしても会いたいんです」
 キョーコの口調が変わった。表情も。
 少女めいた、遠慮の勝つ態度を意志が塗り替えたように、彼女はまっすぐな視線をレンに当てる。自分のうつわを透かして真実を読み取られている気がして、彼は小さく狼狽を覚えた。
 「会って…聞きたいんです」
 視線はそのまま、娘は言葉を継ぐ。
 「何を…」
 レンの喉が鳴った。期待のゆえか。
 「貴方は、人を愛せますかって…」
 キョーコは畏れるような声で言い、すぐに自ら哂った。
 「これじゃ私、恋でもしてるみたいですね」
 「恋…」
 レンは呆然と呟く。胸のうちに希望が生まれるのを感じていた。
 「ああ何だか、さっきより変かも。竜を身近に感じたいとか恋とか…私、変ですね」
 両の眉尻を下げるのへ、彼は少しく目元を緩める。
 「少しも変じゃないよ…そういう話があったっていい」
 「え、と…」
 彼の真意を測りかねてだろう、キョーコの声に戸惑いが混じる。
 レンはふと池の面を振り返り、そこにさざめき躍る光に目を細める。あんな風に、世界が輝いていた日々があった。心に浮かぶ思いに、彼はつと目を伏せた。
 「もし、俺が」





web拍手 by FC2
 
 


 展開を急ぎたいけれど急いでいるように見えないようにしたい。ムズカシイ…


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。