スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

きみだけをみてる(後編)

 「だいぶ高くなりましたね…」
 呟いた俳優の視線を追って、マネージャーはああと頷いた。
 「あれか」
 車の窓に区切られた景色の中心やや左手に、日々高さを増していく電波塔の威容。そこから目を戻すと、彼は呆れ声で言った。
 「そんな顔すんなよ」
 蓮は後悔と不満を閃かせるが、すぐに商売道具でもある笑顔を作る。
 「すいませんね、こんな顔で」
 「今日も男前だよ、ありがたいことに。だから情けない表情すんなって言ってんの」
 「……」
 黙り込むと、横顔に視線を感じた。社がしみじみと言うには、
 「お前、ホンットにキョーコちゃんが好きなんだなあ…」
 「何ですか急に」
 「いや、そりゃ前から知ってたけどさ。ちらっと一部分立ち聞きした言葉だけでそんなに不安になっちゃうくらい、そんなに自信が持てないくらい大事で仕方ないんだなって思って」
 「そういう、温度差のせいでしょうか」
 ぼそりと呟いた言葉に、マネージャーは眼鏡を押し上げて目を瞬いた。
 「はあ?」
 蓮は右のウィンカーを出し、車線変更を開始しながら低い声で続ける。
 「わかってるんですよ。俺があの子を好きなほど、あの子は俺を好きじゃないってことは。でも、もしそれが最上さんを疲れさせてるなら」
 「蓮」
 厳しい声に遮られ、彼は言葉を切った。社は厳かに言う。
 「それ以上言ったら怒るぞ?」
 「…すいません」
 期せずして男二人は同時に溜め息を落とす。社が前に向き直って締めくくった。
 「とにかく、ゴチャゴチャ考え込んでないで本人と話し合え。結構つまんない誤解だって可能性が高いと思うぞ、俺は」
 「はあ…」
 車は局の地下駐車場に滑り込んでいく。暗くなったフロントガラスには、端正な貌がぼんやり物憂げに映り込んでいた。



 「いった~い…」
 エレベータホールに向かう途中、しきりに首の付け根を押さえている女性とすれ違った。確かローカルニュースのリポーターではなかったか。
 彼女は蓮に気付くとぱっと顔を上げて寸時見とれ、同僚らしき男に促されて慌てて歩速を戻す。その間も、自分の首を押さえていた。
 「また上見ちゃった…もー、昨日スカイツリーのリポートで上ばっかり見てたから、首が凝り凝りなのよ~」
 ぼやき声に蓮も社も苦笑を浮かべた。
 「気の毒に」
 「大変ですね」
 言い合った瞬間、二人は何かの電流が走ったように顔を見合わせる。
 『…ん?』



 翌日。
 「じゃ、行って来い。ちゃんと会って来るんだぞ。今日を逃すとしばらく接点がないからな」
 仁王立ちのマネージャーに命じられて、蓮はそわそわと頷いた。ラブミー部々室へ向かう足取りは、期待と懸念とに揺れて一定しない。
 しかしノックに応えてドアを開けてくれた可愛い恋人の顔を見たとたんに、彼の踵には翼が生えた。
 押し込むようにキョーコごと室内に入り、きつく抱きしめる。
 「つ、敦賀さん!?」
 あわあわと見上げて来る大きな瞳が、不思議そうにしたあとぱっと緩む。嬉しくて仕方ないような笑顔に、彼は力の入る腕をどうしようもなかった。
 「あ、あの。どうかしたんですか、事務所の中でこんな」
 キョーコがぱみぱみと肘を叩いて来る。別にギブしなくても…と思いながらゆっくり腕を緩め、彼だけを映す瞳に微笑む。
 「会いたかった」
 キョーコがぼっと顔から火を噴いた。
 「もっもう、何言ってるんですか。そんなの…私もです」
 蓮は微笑み、恋人の首をそっと撫でる。
 「ひゃ!?」
 「俺と話す時は、ずっと上を向いてなきゃいけなくて大変だね?」
 言ってみると、キョーコはちょっと目を瞠ったが否定しない。やっぱりこれかと俳優が思う先、視線を斜めに逸らして口の先で呟いた。
 「でも…見ていたいですから」
 直後に、大きな手が彼女の腰をさらった。蓮は手近な椅子を引いて腰を下ろし、そればかりか膝の上に恋人を座らせる。キョーコの慌てること。
 「つつつつつるがさんっっっ」
 「そんなの、俺もだよ」
 「ふぇ!?」
 「いつでも、君を見ていたい。でも疲れさせるのも嫌だから…二人の時はこうしてるのがいいね」
 少しだけ高い位置にある真っ赤っ赤な頬に唇を寄せ、彼は甘く囁いた。
 「え、えええ!?あの…こうしてって、だって」
 少女タレントの視線が下に落ちる。蓮の脚の上に。その上に乗る自分の腰に。
 「むっ…む~り~で…」
 叫びかけた唇を、蓮は、逸早く塞いでしまうのだった。




  web拍手 by FC2
 
 


 イヤ私が無理ですごめんなさい。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。