スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

フォルトゥナタ(43)

 「見送りはいいよ」
 離れられなくなりそうだからね、と笑うクオンティヌスを、キョーコは寝台の中からじっとりねめ上げた。
 二人でいる寝室には奴隷も入れないことになっている。身支度を整える夫を手伝うべきところだが、明け方まで散々構い倒された体は指一本動かすのも辛いほどに重い。
 それでもどうにか身を起こそうとするのへ、理解あるのか気が咎めるのか、夫はいいから横になっておいでと手を添えた。
 「ご無事で…」
 せめてもと言えば、礼の言葉と共に短い口づけが降って来る。
 「さて、もう行かないと」
 名残惜しげに妻の頬を撫でてから、騎士はマントを翻して戸口へ向かった。その背に、
 (私が行くまで)
 心の中でだけ、キョーコは付け加えるのだった。




 約束の場所へ行く。
 興奮気味の人々でごった返す広場の片隅に、奴隷商人マイウスは既に来ていて、ゆったりとロバの鼻面を撫でていた。意外に優しい手つきに驚いていると、男がひょいと振り返る。
 「ああ、おはよう。
 「…って、朝っぱらからえらく疲れてるようだが大丈夫かね」
 近付く間に指摘され、キョーコは力ない笑みを返した。
 だってしかたないだろう。君を備蓄しなきゃだの言って一晩中一睡も許されずに揺すぶられた後、大急ぎで家の中のことを細々ヨロヨロ片付けてパン屋ともども信頼できる奴隷たちに託し、店に隠しておいた荷物を引っ張り出してここへ来たのだ。元気一杯とは行かないに決まっている。
 なんでクオンティヌス様はあんなに元気なの、ずるい、と思うのはもちろん胸のうち、彼女は溜め息を噛んで微笑み直した。
 「お待たせしてすみません」
 詫びると商人は時間通りだよと笑う。精密な時計などないこの時代、人々の時間感覚は鷹揚なものだ。
 「ほら」
 と手綱を手渡され、キョーコは大きな目を瞬いた。このロバを、自分が引いていけという意味だろうか。
 おとなしそうだし別にいいけど、と思っていると、商人は意外なことを言った。
 「そいつに、あんたの荷物載せな」
 「え」
 「重い荷物しょって何日も歩いたことなんかないだろ?最初のうちは空いた荷車にも乗せてやれるが、塞がって来たらそうも行かないからな。そいつに乗る練習もした方がいいだろう」
 「荷車って」
 奴隷運搬用の、か。空いているとかいないとかでなく乗りたくない、とキョーコは思った。
 それでも、思ってもみなかったことに一応労ってくれているらしい。まじまじとマイウスの顔に見入ってしまった。
 「意外と親切なんですね」
 ついポロリと零すと苦笑が返る。
 「却って失礼だろ。
 「まあ別に、預かった支度金で買ったんだから俺の懐は痛んでないからな。ちょっとこう、アレだ、感動したってえか、旦那のために命張る女なんての初めて見たし」
 奴隷商は何やらぶつぶつ言い始めた。
 「うちのなんざ、クレメンティア(仁慈)なんて名前だけで、欲は深いわ食い意地は張ってるわ寝汚いわ見栄っ張りだわ始終文句ばっかり並べ立てるわ…」
 だんだん愚痴になって行くのでキョーコは困ってしまった。そのうちにマイウスが我に返り、ごほんと咳払いをする。
 「とにかく、じきに出発だからな。早いとこ準備済ませてくれ」
 ぴっと指を突きつけて、彼はさっさと踵を返した。向かう方向にもロバが繋いであるので、たぶん彼の分なのだろう。旅は慣れているだろうけれど、さすがに特殊スキルとなる乗馬まではしないようだ。
 夫の顔を思い出してしまった。やっぱり見送りはしたかったなと思ったけれど、しなかったのではなくできなかったわけで。
 嘆息を空に放れば、だいぶ日も高くなっている。クオンティヌスの率いるミリアリア(千人隊)はもう出発しただろうか。
 石畳の街道を行く“軍隊歩調”の足音を聞いた気がして、彼女は少し眉根を寄せた。さて、どうすれば彼の隊の近くに行けるだろう?
 雇われの身では行動に制限もあるが、そうしなければそもそも軍団に従う旅にも出られなかった。考え込むところへ、マイウスに大声で呼ばれた。
 「もういいか?そろそろ行くぞ、イリストゥリス様の隊が出る頃だ」
 彼女は一瞬目を瞠り、礼の代わりに大きく頷いた。
 「はい!」





web拍手 by FC2
 
 


 
 イタリア人の時間感覚って今でも鷹揚そうに思うけど(笑)。
 
 “軍隊歩調”は「短く、素早い足取り」で20ローマ・マイル/5時間というペースを保った行軍です。1ローマ・マイルは1481mくらいと目されているもよう。

 
 それにしても、やっぱ皇帝かクーヤヌス主催の壮行剣闘試合とか書きたかった…でもキョーコさん行きたがってくれそにないんですもん。
 どっかでこういうの書きたいなあ。オリジナルで古代ローマもの…か…?



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。