スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

あなたが夢を見るのなら

 彼は微笑む。
 「俺は大丈夫」
 白い部屋、白いベッド、白い…笑顔。
 そうして、彼女を拒絶する。
 「だからもう帰りなさい、最上さん」
 「敦賀さん…!」
 キョーコはぶたれたように顔を歪めた。
 名前で呼ぶようになっていたのに。思いを通じ合わせた瞬間、待ちかねていたようにそう呼ぶ許可を請われて。
 なのに今、先輩の口調で苗字を口にする。
 二人の関係性を過去へ押し戻そうとするような言動がどこから来るのか、彼女にはわかっている。
 だから、哀しい。
 眉を下げたまま蓮の顔を見上げるが、視線は合わなかった。故意に逸らされている風でもない。
 キョーコは慄然と悟る。彼は今、彼女が見えていない。
 きゅう、と心臓の縮む心地がした。
 目から、唇から…心から、ほろりと転げ出て来るものがあった。
 「…蓮」



 敦賀蓮が京子との婚約を発表したのは、秋口のことだった。
 女優として自らの努力によって地歩を固めて来た彼女との交際は概ね好意的に受け止められ、二人には時ならぬ春が訪れていた…
 その、矢先。
 ロケ中の事故で、俳優は視力に障害を負った。
 見えている時、ぼんやりと見えている時、見えていない時。ランダムに現れる状態変化は全く予測がつかず、彼は日常生活にも不便を強いられることとなった。
 視覚には、『新しい視覚』と『古い視覚』があるのだと言う。
 『新しい視覚』は人類を含む霊長類に特徴的に具わる。眼球から入った情報は外側膝状体と呼ばれるニューロン集団に達し、視覚を意識する一次視覚皮質の先へと入力を伝える。
 これに対し『古い視覚』はほとんどの生物に共通し、眼球からまっすぐに脳幹の上丘部分に情報が伝えられ、頭頂葉を中心とした皮質野に至る。これは目に飛び込みそうになった異物など、本能的に視野の中心に入れたいものの方向へ瞬時に眼球を動かす早期警報システムとしての役割を担うと考えられ、空間視の能力にも関わるという。
 検査によって、蓮の眼球その他、肉体的デバイス的な機能に問題はないと判明している。障害は主に『新しい視覚』においてであり、つまり障害箇所はそれに関わる脳の部位にあると見られた。
 次第に、仕事に支障が出ている。
 『古い視覚』と生まれ持った反射や判断力のおかげか日常生活では『不便』で済んでいるものの、繊細な目配りひとつが重視される俳優業においてはそうも行かないのだ。
 特に、敦賀蓮はその場を支配するほどの演技力を評されている。相手役と視線も合わない時があるのでは、誰よりも本人が納得できなかった。
 びっしり詰まっていたスケジュールを前倒し繰り延べ多くキャンセルと調整し、彼は手術を受けることを決めた。これに際して、自分以上の奔走を強いられたマネージャーには心底申し訳ないと思ったが、一度そう口にして叱られてからはもう言わなかった。
 そして手術は        失敗した。
 視神経を圧迫していると見られた小さな血栓を取り除いても、症状には改善も緩和も見られなかった。むしろ、次第に前よりも失明時間が長くなって行く。目眩や頭痛、嘔吐までが起こった。
 以降、彼は障害部位の特定のための検査と、手探りの治療を受けている。



 「…キョ」
 呼びかけた蓮が苦く口を閉じる。けれど目は丸いままだ。
 驚いているのだろう、キョーコは今まで何度求められても彼を名前で呼ばなかったのだから。
 「諦める気なんですか?」
 彼女は震えそうになる声を励まして問いかけた。
 常ならぬ状態にある今、彼が彼女を遠ざけようとするのは負担をかけまいとしてだ。まだ可能性の有無も確認されていないのに、最悪の時のための布石として距離を置こうとしている。
 冗談じゃない、と彼女は思う。諦めることなんて許さないし、もし最悪の事態が現実となったとしても、一人で苦しみに浸らせることなんかもっと許さない。
 眼差しを強めるキョーコに、声を頼りにしたらしい蓮がともかくも顔を向け直して来た。
 「そうじゃない、…」
 「ですよね!!」
 弱い声が『でも』と続ける前に、女優は殊更明るく言い切った。
 「あなたが、演じることを諦めるはずありません。でなきゃ、そもそも今ここにいないはずです」
 「っ……」
 俳優が息を呑む。交際を始めた頃に聞かされた過去の話を、彼自身もいま思い出しているだろう。そう言えば、あの話をする時にも彼は、彼女が離れて行くのではないかと思っていたようだった。
 キョーコは、ばかなひと、と口の中で呟く。
 貴方は欲が深いのに。
 普段は恬淡としてても、本当に望んだものは何一つ諦められないくせに。
 そのまっすぐな眼差しが視力によるものなんかじゃないって、どうして知らないんだろう?
 だいたい、治れば万事よし、治らなくても少し遠回りするってだけでしょうに。と根性娘はごくシンプルな思考に落ち着いた。
 だから。
 「私はそんな貴方に惹かれて追いかけて、やっと隣にいられるようになったんです」
 だから無駄ですよと。キョーコは微笑む。
 「貴方の夢を、一緒に追いかけましょう?」
 「キョーコ…」
 ベッドの上に座る俳優が、くしゃりと顔を歪ませる。その額へ、伸び上がった彼女は誓うような口づけを落とした。







web拍手 by FC2
 
 


 
 EAST様の花うてデーリク、「「ひたぶる~」の逆バージョン。蓮が病人か怪我人だったら」でした。
 まあキョーコの方が肚が据わってるので、こんなもんじゃないかと思います。

 敢えて記述しなかったけど、多分蓮は今ほわほわの金色ヒヨコ頭。
 このあとは、どうにか治療法が見つかってハッピーエンド、ってことでいいんじゃないかしら。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。