スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

フォルトゥナタ(46)

 キョーコは、半分勝った。
 荷車の鉄柵の一部は檻に組まれる両端を残して平たく打ち直され、美味しそうな香りを纏うことになった。しかし奴隷商の方にしても自分の商売に関わることであるから、それだけで済ませるわけには行かない。次に大きな街に着いた際には、彼女の負担で鉄柵を購入しマイウスに返すという約束が成立した。
 幸いと言うべきだろう、マリア姫より遣わされた支度金がある。約束を果たして小麦を仕入れて石臼を購入しても、まだまだ余裕があった。
 とりあえず、奴隷商に人を借りて手近な街へ石臼を買いに行くことにする。
 小さな街だったので品揃えに難があったがとりあえず彼女の用に足るものを得て、戻る頃には日が暮れ始めていた。
 途中でレギオンの宿営地の近くを通ると、何やら騒がしい気がした。何事だろうと思ったが、すぐ近くへ見に行くわけにも行かない。不審者として捕らえられでもしたら大変だ。
 胸の底に涌く不安を抑えて隊商に戻る。ちょうどマイウスがいたので、何か知っているかと聞いてみた。
 「ああ」
 彼は軽く肩を揺すった。
 「どうも、武器を持つのを忘れて見張りに立った兵がいたらしいな」
 「え」
 キョーコの目が大きく瞠られる。
 「そ、それって…死刑になるって聞いたことが…」
 「ちょっと違うな。別に死刑になるわけじゃない」
 奴隷商の否定に安堵しかけたのも束の間、
 「罰として隊の奴ら全員に殴られるんで、結果的に死ぬんだよ」
 もっと泣きそうになってしまった。それでは、ひと思いに処刑された方が楽なくらいではないのか。
 「……」
 恐ろしいと思ったのは、奴隷商があまりにも淡々としているからだ。人の生き死にを、それも暴力による死を、まるで感慨もなく路傍の石を蹴るように語る。
 そういう、世界に。クオンティヌスは生きていて、彼女はそんな彼に近付こうとしている。
 ぶるりと身が震えた。
 自分になにほどのことができるのか。
 思わず両手を見下ろすキョーコに、背後から声がかかる。
 「ウルバ、臼置いたよ。すぐ使うのかい?」
 「…あ。あ、は、はい!」
 石臼を買うのについて行ってもらった男に聞かれて、彼女は現実に立ち返る。そう、これが彼女の現実。やることは山ほどある、弱気になっている暇はない。
 「あの、じゃあ、私はパンの試作を始めますので」
 マイウスに言うと、へこりと苦笑に近い笑みが返って来た。
 「ああ、まあ頑張んな。試食くらいなら協力するぞ?」
 「はい、ぜひ!」
 冗談口だったのだろう、キョーコが勇んで答えると彼は驚いた顔をする。それがじきに、含みのある笑顔に変わった。
 「何か考えてるみたいだな?」
 「ええ、まあ」
 「ふーん。あんたの発想は面白いからな。楽しみにしてるよ」
 「そんな大層な企みはしてませんよ?ちょっと新しいレシピを考えてるだけで」
 料理人がにっこり笑うと、彼はますます面白そうな顔をする。
 「そりゃ楽しみだ。ちなみにどんな?」
 瞳に商売人の色がある。多分今は自分もだろうなと思いながら、キョーコは口の前に指を立てた。
 「まだ秘密ですけど…ひとつでおなかが膨れるパン、でしょうか」






  web拍手 by FC2
 
 


 
 実際は小麦ひとつ買うのも大変だったみたいですけどね…なんか、パン屋さんや小麦の仲買人は穀物税の他にもいろんな税をかけられてたそうです。生きるのに必要なものに重税ってつらい…
 キョコさんは節税も頑張ってそうです。

 ところで。pixivの方で構ってくださってる方々にお礼を申し上げます~。何でも、ここはコミケの当落を決める際に参考にされているという話なので、援護してくださるととても嬉しいです!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。