スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

天に斉しき(最もふざけた奴ら編)

 「こいつら、攻撃しても一旦バラけるだけですぐまた元に戻りやがる」
 「厄介だね…」
 沙貴浄のぼやきに、猪蓮戒が眉を顰めた。
 砂漠に入った途端に襲って来たのは黒い影状の妖怪、撃っても叩きつけても吹き飛ばしても切っても、一時散ってはまたより集まるだけで、まるで効果がない。
 「あ…監、じゃなかった三緒っ!!」
 キョ空が叫び、手を一杯に伸ばす。三緒法師は今しも、その儚げな姿をまとわりつく黒い影に呑み込まれようとしていた。
 「この!」
 横薙ぎに払う如意棒が、衝撃を吸収され絡め取られた。ぐいと引かれ、キョ空はバランスを崩してたたらを踏む。そこへスライムがぐいと伸び上がり…
 「キョ空!」
 蓮戒が叫んだ。瞬時に気を練り上げ、解放する。
 ばう!
 必殺の気弾はうねくる影を散り散りに吹き飛ばすが、弾みでキョ空が投げ出された。
 「おっと」
 素早く駆け寄ったのは貴浄、キョ空を抱きとめて仲間を振り返る。
 「おいおい、女の子はもっとソフトに…」
 言いかけたがそこに蓮戒がいない。
 「あん?」
 不意に至近距離で立つ殺気に身構えると、
 べり。
 キョ空を奪われた。蓮戒がカップル抱きに少女を確保しながらモノクルをずり上げている。
 「悪いね貴浄、余計な手間をかけて。言われなくても俺が受け止めるつもりだったんだけど」
 「いやアこっちこそ悪かったな、君より素早くて」
 ばち。
 火花を飛ばしあう二人の間でキョ空がじたばた叫ぶ。
 「ふっ二人とも、それどころじゃないでしょう!?監いえ三緒が…」
 「あー、平気平気」
 貴浄がひらひら手を振った。
 「そうそう」
 蓮戒はキョ空を抱えたままにっこり微笑む。
 「ほら」
 と横手を指し示した。
 そこには、普段と似げもない厳しい顔つきの高僧の姿。
 「そこっ!その位置だとカメラにかぶるでしょう!そっちももう少し低く、背後へ回ってから伸び上がるんです!!」
 ばしばしとダメを出す声に、黒い影は次第に萎縮し始める。
 「そうじゃなくて…ああもう!」
 苛と拳を握った三緒が、大きく手を横に振った。
 「そんなんじゃダメです!!
 「魔(リ)戒(テ)天(イ)浄(ク)!!!」
 カッ、チーン…!!
 鋭く打ち鳴らされるカチンコの音に、影は大きくどよめいた。と思うと、ふしゅふしゅ縮み始める。そこに三緒は、とどめの一撃を加えた。
 「ちゃんとできるようになるまで、出て来なくていいですから」
 ッガーン。衝撃に揺れる影がスゴスゴと退散して行くのを、高僧は手の中のカチンコを握り締めて見送る。
 「僕の理想の地(映像)は、まだ遠い…
 「でも、でもいつかきっと…!!」
 決意を呟く繊細な唇。それを見つめ、妖怪たちは思った。
 この人のもとに、集ったのだと。
 目を上げれば、行く手には血のように赤い夕陽。砂混じりの風の向こう、それは差し招くように嘲笑うように揺れ…
 はるか、西に。



web拍手 by FC2


 ぽと吉様のみなみなみデーリク「天に斉しき」新編です。
 確か以前お好きだと仰ってたので最遊記バージョンにしてみたのですが…言動をどっちに合わせるか迷ったあげく、まあカテゴライズするならスキビパロなのだしと。最遊、キャラ強すぎて引きずられそうになりますねー。それを抑えたら、イマイチ意味なくなったかも。すんません。
 あと、三緒は美緒と紛らわしいなと思いつつ他に思いつかず…やっぱすんません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。