スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ただ乞いて(7)

 「…いま」
 自分の声を、蓮は妙に遠く聞いた。キョーコは睨むように、狂おしく彼を見つめている。
 「何、言って…」
 俳優は混乱する頭を片手で抑え、茫然と呟いた。
 「自分が何言ってるのか…」
 「わかってます!!」
 キョーコが声を叩きつける。それは非常階段のコンクリート壁にぶつかって固く跳ね返った。
 「母を見てますから、女一人で子供を生んで育てることが大変だってことも、ましてや私みたいな子供が子供を持つなんて無謀すぎるってことも、私、ちゃんとわかってます!でも…嫌です、絶対堕ろしません。
 「…世界で一番大好きな人の子供なのに!!」
 「!?」
 蓮が固まった。今、この子は何と。
 「もが…みさん?」
 もう一度言って、と言う前に、少女は哀しげに目を伏せる。
 「大丈夫です。私、一人で産んで育ててみせます。ちゃんとできますから…」
 「最上さん」
 「嫌です…お願いです、認知なんてしなくていいです、でも堕ろすのは」
 「堕ろせなんて言ってない!!」
 蓮の怒鳴り声に、キョーコはびくんと身を縮めた。
 「……え?」
 7秒ほども経ってから、恐る恐る視線を上げる。俳優はそれに、蕩けるような微笑を向けた。
 「結婚しよう」
 「敦賀さん!?」
 蓮は吟味するように宙に視線を投げ、もう一度甘やかに微笑みながらまっすぐにキョーコを見つめる。
 「ちょっと違うな、間違えた」
 片手を差し出した、乞うように。
 「最上キョーコさん、俺と結婚してください。君も君のお腹の子も、ずっと俺が守りたい」
 「つ!敦賀さんっ、責任とか同情なら」
 今にも拒絶の言葉を吐こうとする愛しい少女の手を、蓮はがっちりつかまえた。すいと表情が冷える。いや、本当に冷えたのか?
 「責任?同情?」
 鼻の先で言う声に潜む険。彼の怒りを感じ取って怯えを浮かべるキョーコの瞳にひたと視線を合わせ、蓮は言う。
 「冗談じゃない…
 「君を愛してるからに決まってるだろう!!」
 ぱん、と怒鳴られ、気を呑まれたキョーコは大きな目をいっぱいに瞠って立ち竦んだ。
 「…嘘」
 ほろん、とこぼれた言葉は床を転がり、空気に溶け込むように消えて行く。
 「俺が、こんな嘘をつく男だって?」
 「ち、違います!でも、責任感の強い方だから…だって、敦賀さんには好きな人が」
 「いるよ、ここにね」
 と蓮はキョーコの手にそっと口付ける。
 「ずっと、君だけ見て来た。
 「そう思えば、色々サインは出てたのに…ごめんね、今日まで気付かないままにして、結局君から言わせて」
 「そ、んな…でも」
 「何が必要?」
 「え」
 「どうすれば信じてくれる?誓い?約束?それとも何かほかのもの?」
 「敦賀さん」
 「何だってあげるよ。全部あげる、君になら」
 だから、と続けようとする俳優の手の中で、もっと小さな手が拳を握る。震える呼吸を継ぎ、キョーコはぎゅうと目を閉じ、また開いた。
 「本当、ですか」
 不安げに揺れる問いかけに、蓮はしっかりと頷き返した。
 「そう言ってる」
 「本当に私のこと」
 「愛してる。だからもう、俺の手に落ちて」
 つかんだままの手を、蓮は軽く引き寄せる。細い体が抵抗なくとすんと彼の胸に収まるのを、ふんわり抱き締めた。
 キョーコは声もなく彼にしがみつき身を震わせている。その耳に甘いテノールが優しく囁いた。
 「ごめん…怖かったね。でももう大丈夫、二人で協力し合おう。
 「…医者に行くね?」
 「はい…はい…!」
 何度も頷く頭を抱え寄せ、蓮は甘い香りのする髪の中に鼻を埋める。いま、その香りは一夜の記憶の形見ではなく、たしかに自分の手に入ったのだと思った。




→NEXT web拍手 by FC2


 うお~指が走るぜ~。うなれ俺の古女房(キーボード)!いや、ホントにうなったら怖いけど。壊れるんかもしれん。
 ヨタはともかく、最終話まで飛ばしますぜ~!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。