たいせつでたいせつで(31)

 「失礼」
 がらりと引き戸が開いた。父かと思って入り口に視線を向けたクオンは、そこに別の人物を発見して首を傾げる。
 「ああ、クオン君。クーは?」
 尋ねるのは、花束を手にしたショーン・ロッティ氏だった。敏腕を通り越して辣腕とすら呼ばれることのある父のマネージャーに、クオンは嫌な予感を覚えながら応える。
 「車を取りに行きましたけど。…あの、もしかして、父はまだ仕事が残ってるんですか」
 「そうなんだよ」
 ロッティは、だはー、と空気の塊を吐いた。
 「あのバ…男は、私が必死に時間調整して8時には終わるようにしてやったのに、そんなに待てないなどと言って、ちょっと目を離したスキに逃げ出したんだ。まったく、どうしてあいつはあんなに自由なんだ」
 ぷりぷり怒りながらも、マネージャー氏の目は意外に柔和だ。
 「まあ、クーがそういう行動を取るのは、いつも自分じゃなくて愛する者のためなんだが。暑苦しい奴だ…
 「いや、いかん!愚痴をたれてる場合じゃなかった。そういうわけでクオン君、クーは連行するからあとはよろしく。ああ、これはその子に。私はざっとした話しか聞かなかったが、そんな小さな子が大変な目に遭ったものだ。せめてもの慰めになればと思ってな…」
 花束を差し出すロッティに礼を言い、クオンは
 「ありがとうございます。父は西側の駐車場ですよ」
 とあっさり父を売った。
 「わかった、ありがとう」
 頷いたマネージャーが弾丸のように飛び出して行く。たぶんキョーコのことをもっと幼い子だと思ってるんだろうなあと思いながらその背を見送り、クオンはちょっと心配そうにキョーコと花束を見比べた。家まで、両方抱えたままでいられるだろうか?



 「じゃ、失礼します」
 だるまやを出る頃には、日が暮れかけていた。街に灯りが入り、通行人がちらほらと増え始める。
 クオンはキョーコを背負い、おかみが身の回りのものを詰めて来たバッグを肩に引っ掛け、しかも片手には花束という珍妙な格好。できれば花はだるまやで引き取ってもらいたいと思ったが、今キョーコ宛ての花をあの夫婦に押し付けていくのは酷な気がして言い出せなかった。
 行き交う人々の視線を多少気にしながら、駅へと向かう。それでも、背中に収まるぬくもりのお蔭で悪い気分ではなかった。また、暫くキョーコと一緒に暮らせる。しかも今度は、呼べばちゃんと返事をしてくれるキョーコとだ。そうなった事情を思えば不謹慎とも思える、それもまた彼の本音だった。
 ごめんね、と心の中で謝れば、背中で穏やかな寝息がすうと応える。なんとなく許されたような気分になって、クオンはそっと微笑んだ。
 その途端、対面の通行人と肩がぶつかった。柄の悪い怒鳴り声を浴びせられる。
 「ってえな、前見て歩けよ!!」
 「失礼、ほかに気を取られてて…」
 「ん~?」
 謝罪の言葉を口にしかけ、彼はそのままきりと奥歯を噛んだ。嫌な目つきで彼をねめつけているのは見覚えのある、むしろ見たくない顔だった。数ヶ月前までは、まあ遊び仲間だったと言えなくもない不良少年たちの一人、トミーだ。クオンの鼻先にしわが寄った。トミーは妙に仲間意識が強く、群れからはみ出す者を執拗に追い詰める。一人で行動したがるクオンを当時から疎んじていたくらいだから、以前の仲間に狙われていると女に警告を受けた時も真っ先に浮かんだのはこの顔だった。
 「これはこれは、大スター様の息子様じゃねえか」
 「…」
 相手が、馴れ馴れしい態度で彼の顔を覗き込む。
 「最近はすっかりまっとうにおなりだって聞いたが、なるほど子守のバイトかよ」
 キョーコに伸ばす手を、クオンは反射的に打ち払った。
 「触るな」
 「てめえ!」
 赤くなる手を抱えていきり立つのを、キョーコを連れた状態でどう捌こうかと思案するうち、トミーの声を聞きつけて仲間がぱらぱらと集まって来た。同時に、周囲から人が引いて行く。
 (まずいな…)
 あしらい方を間違えたとは思ったがもう遅い。壁を背にするように位置を変えながら、クオンはこっそり舌打ちした。
 


→NEXT web拍手 by FC2


 さあどうなる、待て次回!!
 …いや、すんません。なるべく早く書きますから。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR