スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

たいせつでたいせつで(42)

 「私、こわかった…どっちの時も、こわかったの」
 少女は繰り返し、震える喉を空いている方の手で押さえた。クオンは掌に収まる小さな手をもう少し力を入れて握る。
 「うん…」
 「でも、私、お母さんの時は、何もできなかった。お…とうさんに、いっぱい、な…殴られてるのに、やめてとも言えずに、見てるだけだった…」
 「君のせいじゃないよ」
 そっと言う少年に、少女は弱々しくかぶりを振る。
 「お母さんが、私のこと嫌いだったからかもしれない」
 「キョーコちゃん?」
 「嫌われてたから、何も返してくれないから、私、何もすることないって思ったのかも…」
 「待っ…」
 「わかんないの」
 キョーコはクオンの手をそっと振りほどいた。
 「お母さんは、ちっとも私を好きになってくれなかった。ちっちゃい頃からずっとほったらかしにされて、急にアメリカに連れて来られて、ショーちゃんとも離れ離れになって。でも、やっと私の家族と一緒に暮らせるんだって思ったのに…やっぱり毎日ほったらかしで、お父さんはひどいこと言うし、痛いことするし…なんでこんなとこ連れて来たのって思ってた…
 「…でも」
 まごつくように眉を下げたまま、少女はふすと息を洩らす。
 「クオンは、優しいんだもの。いっぱい大事にしてくれるんだもの。
 「だから私、クオンは助けたいって思って、お母さんには思わなかったの?」
 「キョーコちゃん…っ」
 弱くなる声を追うようにクオンは手を伸ばすが、少女はそれから身を引いて縮こまった。
 「お…母さんは、何回も何回も叩かれたの。悲鳴を上げて、それでも。ガラスが飛び散って、いっぱい血が飛んで、う…動かなくなっても、まだ。私、そのあいだ、ずっと、見てた…ただ、見てたの…」
 「キョーコちゃん、もうやめて」
 「お母さんなのに。私、見殺しにした……!」
 「違うよ、そんなんじゃない!」
 「だって私、クオンの時はじっとしてられなかった!!だいじで、だいじで、だいじで…なくしたくなかったの。だって、クオンは私にやさしくしてくれるから!!だから助けたかったの。自分のためなの!」
 「キョーコちゃん!!」
 怒鳴られて少女はびくりと身を縮めた。クオンは細い手首をつかんでぐいと引き、よろめいたキョーコを腕に収める。
 「クオ」
 「深呼吸して」
 「……」
 静かに言うと、少女は素直に従った。その背中をさすり、彼はぽつんと呟く。
 「ごめん」
 「ど、どうしてクオンが謝るの?」
 「うん、ごめん…嬉しいんだ。君が、俺を大事だって言ってくれて」
 「クオン…」
 「君は自分を勝手だって思うの?」
 「……」
 黙って頷く少女の額にこつんと自分の額を当てた。
 「じゃあ、俺はもっと勝手だ。こんな時なのに、こんなに嬉しい…」
 「クオン…」
 少女をあやすように揺すり、クオンは優しく囁く。
 「でもねキョーコちゃん、俺は知ってるよ」
 「…何、を…?」
 「君が、とてもお母さんを好きだったこと。だって俺、君がお母さんに絆創膏を変な風に貼ってもらっただけで嬉しそうにしてるのを見て嫉妬したから」
 「!?」
 「ホントだよ。俺の方が、ずっと君を大事に思ってるのに。そんな絆創膏剥がしちゃえばいいんだって思って、君に適当なこと言った」
 「あ…あの時」
 アメリカで二度目に会った時のことを思い出したらしい。キョーコはぼんやり呟く。
 「うん。
 「だからね、君はお母さんも大事にしてた。それは本当。ただ…自分で言っただろう?怖かっただけなんだ。だってお母さんの時は、大人の男が君に直接悪意を向けてたんだから」
 同時に殺意を撒き散らして、と言う言葉は飲み込み、クオンは短く息を継いだ。
 「その時まだ10歳で、しかも義理でも父親だという人に対して素直な君が逆らえなかったのは当たり前だよ。何も君のせいなんかじゃない」
 「でも…でも、お父さんは、私が悪いって。悪魔の子だって」
 「言っちゃ悪いけど、それはそいつがおかしい」
 クオンはきっぱり言い切った。
 「こんな優しい悪魔がどこにいるんだ、まったく…父さんだって言ってたろ、君は天使みたいだって」
 「ち…ちが」
 キョーコは真っ赤になってあうあう言い出す。
 クオンはそんな少女ににこりと微笑み、
 「もちろん、俺のね」
 あくまでも甘くとどめを刺した。



→NEXT web拍手 by FC2


 クオ坊のセリフどうにかして下さい。なにこの子。めそめそ。

 あ、そう言えば、前回(41)ちびっと書き足した部分があります。クオンの言動をもちっと自然な流れに乗せたいと。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。