スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

無敵のマヨネーズライス(2)

 キョーコの住まいは、古いし狭いが清潔にしてあって、乾燥させたハーブの何とも言えず調和した香りが漂っている。
 蓮は家の中で詳しい話をと招かれ、居心地よく整えられたソファスペースに落ち着いて出された香茶を優雅に啜った。茶もうまいが、ふと気付いたソファの継ぎがうまく模様に隠されている様子に器用なものだと感心していると、キョーコがチラシの裏を利用したメモを構えて向かいのソファに座る。
 「ええと…龍に使う眠り薬、で…相手の種類と、大体の大きさわかります?一回分でいいんですか?」
 「そうだね、念のために2回分あった方がいいかな?相手は緑龍で…体長20mくらい」
 「20mの緑龍…まだ若い方ですね」
 メモを取りながらキョーコが呟く。そう、このくらいなら成竜にはなっているが、もっと年を経てより大きくより知恵を蓄えた個体に比べればほんのわずかながらましだろう。それなりに勉強はしているようだ。…いや、そうだ、そういう子だった。最大限の努力を何にも惜しまない。昔から。
 思わず口元を綻ばせる蓮に気付かず、新米魔法使いはチラシメモを手に大きく頷いた。
 「とにかく、やってみます。他にも何か情報が手に入ったら教えて下さいね」
 「わかった。じゃあ、これ半金ね。支度金込みで」
 蓮は懐に手を入れてひとつかみの金貨を机に置く。
 「えっ!?こんなに!」
 「だって、龍にも効く眠り薬じゃ材料費だって相当かかるだろう?その辺りをケチって、効果もないような薬を作られても困るからね」
 「そ、そんなことしません!お金がないなら足で稼げばいいんです。ちゃんと山に薬草採取に行きますから!」
 「ひとりで?」
 「勿論です!」
 「そう…」
 胸を叩かんばかりのキョーコに、急に表情を沈めた蓮は貫くような視線を当てた。
 「な、なんですか…」
 「却下」
 「え?」
 「今から一人で山に薬草採取なんか行ったら、帰りは夜になるだろう?君は女の子なのに、何かあったらどうするんだ」
 「何言ってるんですか、私だって魔法使いの端くれです。自分の身を守るくらい…」
 「まともに魔法も発動させられないのに?」
 「…!」
 カリスマ魔法使いの言葉に、キョーコは吐息を噛んで黙り込んだ。俄かに重くなる室内の空気に耐えかねたか、蓮は咳払いを一つすると声を改める。
 「…とにかく。そんな時間をかけるよりも、材料は店で買って早く調薬にかかってくれないかな。費用が足りないなら追加するから」
 放り捨てるように言い、輝きをふりこぼす金貨の上にまた倍ほどの金貨を積み上げた。
 「ちょ!?こ、こんなに要りませんよ!?」
 「いいから取っておいて。そのかわり薬を急いで作って、出来次第俺の所に届けて欲しい」
 「でも、あの」
 「頼んだよ」
 蓮はすいと立ち上がり、辞去の様子を見せる。キョーコは困惑も露わに端整な顔を見上げるが、引き止めるような言葉は出て来なかった。そのまま、足早に玄関へ向かう。と言ってもひと間の住まい、ドアはもうすぐそこに見えている。
 磨き込まれてつるりと光るドアノブに手をかけ、彼は小さく息を入れた。このまま、悪感情だけを残して彼女のもとを去るのか、今日も。
 ほとんど衝動的に、室内を振り返る。意外にも、キョーコは彼を見送るためにすぐ後ろまで来ていた。ちょっと見開いた目を、蓮はほんのわずか緩める。
 「君、さ。キョウトの出身だっけ?」
 「え?あ、はい。そうですけど…」
 「少しだけ、イントネーションが浮かぶね。呪文を唱える時」
 「…え」
 「それじゃ」
 蓮はするりとドアを抜けた。彼女との空間が隔絶する直前、大きな、印象的な瞳に理解の色が浮かんだように思った。



 「うーん…」
 みっちゃみっちゃ。蓮の置いていった金貨の中から大半を材料費として分け、これくらいかと当たりをつけた“前金”でキョーコはマヨネーズライスにありついていた。久しぶりに稼動した炊飯器の上げる細い蒸気が、目にふくよかな幸せをもたらす。
 その向こうには、魔法薬用のかまどが二つ。片方は龍の鱗が表皮を剥がすためにとろ火でじっくり炙られ、もう片方には他の材料がくつくつと低い音を立てて煮込まれていた。
 そんな室内で、温かい食事を噛み締めながらキョーコは、同様に蓮が置いていった言葉についても熟考してみる。
 呪文を唱える時に、出身地のイントネーションが浮かぶ。と言われた。それは、韻律言語魔法において致命的な欠陥となり得る。自分は、正しく呪文を唱えられていないのか。
 「訛は消したつもりだったけど…どうかすると出ちゃうのかな」
 それが、高等魔法を自在に駆使する、それだけ耳のいい蓮には聞き取れた、と?
 どこかから吹き込む隙間風に、壁に取り付けられた灯皿の火灯りが揺れる。考え込むキョーコの影が壁で躍り、こそりと呟いた。
 「なんか悔しい…」
 彼の思惑にはまるようで。しかし、だからと言って。自分がちゃんと魔法を使えるようになるのかもしれないなら、試してみない手はないとも思う。
 キョーコは油が心許なくなったのだろう、一段うすくなった灯火を見つめながら深呼吸した。
 呪文を紡いでみる。一語一音、ひとつも韻律を外さないように。
 「…輝きわたりて闇を打ち払わん
 「リス・ティーフ」
 そっと宙に差し上げた掌の上には…

 
→NEXT  web拍手 by FC2


 どっ…どんどん妙に細かい設定を追加してしまっている…
 すいませんマヨ様、全部スルーでお願いしますうう~m(__)m
 こちらは単にみなみバージョンということで;

 そして呪文がえれえハズカシイ。
 ずっと若い頃書いたファンタジー小説のために作った設定ノートから持ち出してみました。我が身をえぐるよーなこの恥ずかしさ。中2かよ。捨て身だよあたしゃ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。