スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ネアンデルタール・コンプレックス

 …何なのよ、もう。
 「どうしよう、モー子さん~…」
 何度目かに同じ台詞を吐き、キョーコはぺたりと机に突っ伏した。
 どうしようもこうしようもあるもんですか、と思いながら私は隣の椅子に座る。
 「あーもー、情けない声出すんじゃないわよ!まったくもう。答えが出てるんなら、やることは決まってるでしょう!?」
 厚みにうんざりする気分で机の上の書類を捌いた。今日のラブミー部は、事務方の手伝いを頼まれている。
 “親友”がじっとり顔を上げて手を伸ばして来るから、5cmくらいある厚みの半分を渡してやった。
 「決まってるって…」
 「まずはこの仕事。で、終わったらソッコーで着替えて告白しに行くのよ」
 「え、えええええ!!!?」
 大音声に、がんと頭を横殴りにされたような衝撃を覚える。
 「アンタねえ…狭い部室の中で、バカ声出さないでよ!もー、耳がわんわんする…」
 「ご、ごめんなさい。モー子さんがこわいこと言うから」
 「こわいこと?」
 身の覚えのない私が問い返すと、ピンク色(私もだけど)の小動物はちょっと涙目になって呟くように吐きこぼした。
 「だって…玉砕が決まってるんだもの。あの人には、他に好きな人がいるんだから」
 「はあ?」
 どこからそんな発想が出てくるのかしら。大いなる疑問に、思わずまじまじと相棒を見返す。
 だけどまあ、この子の誤解曲解七曲八癖はいつものことだからスルーすることにして、別方向からのアプローチを試みることにした。
 「だけど、好きなんでしょう?」
 ずばっと言ってやると、キョーコはぎしりと動作を停める。油でも切れたのかしらね、まったく。
 「いつもの根性はどうしたのよ。アンタはいつだって全力で体当たりが身上でしょう」
 まっすぐに視線を向ける。挑むように。キョーコにはこれが一番効果的なはず、と、彼女を射抜いて背後のドアにも刺さろうかという視線を。
 ん?ドア…
 「そ、んなこと言ったって」
 往生際の悪いぶちぶち声に、私はうなだれる相棒のつむじに目を戻した。キョーコの手はいじいじと書類をめくっている。
 「体当たりの自爆って、痛いんだからっ…恥ずかしいし、こう、いたたまれないと言うか。そうなるってわかってるのにと思うと…や、やっぱり無理、言えないわ!
 「敦賀さんが好きだなんて!!!」
 ばん。
 キョーコが叫んだ途端、ドアが勢いよく開いた。ああ、やっぱり。そこに予測通りの姿を認め、私は椅子から立ち上がる。
 「最上さん、今の本当!?」
 トップ俳優氏は世にも幸せそうな顔をまっすぐに、口も叫んだ形のままフリーズしている小動物に向けた。私は急き込んで室内へ入ってくるのと入れ違いに戸口へ向かう。
 「ちょっと休憩して来ますから、ごゆっくり」
 すれ違いざまに言うと目で感謝されたけど、少し癪な気分もあって特に応えずに部室を出る。
 ドアを丁寧に閉めて思った。
 まあ、旧人類みたいなあの子のコイゴコロってものが進化するなら、おめでたいことだわよね。私が、そこに置いてけぼりになるとしても。
 とりあえず。
 小さな溜め息が出た。敦賀さんだって忙しいんだし、書類整理にあまり影響しない時間内に決着をつけて欲しいものだわ。
 後にして来たドアを振り返り、私はできるだけ微笑んでみた。
 どっちも精々頑張って進化の道を邁進してちょうだい。私はまだ、しばらくここにいそうだけど。
 たぶん、苦笑になっていた。



web拍手 by FC2


 ももにゃ様より18万打リクとして戴いた内容で書いてみました。
 「キョーコが蓮への気持ちを自覚、ただし蓮には他に好きな人がいると勘違いしている→最後はハッピーエンドとのことで、モー子さんにご登場願ってサクっと。

 モー子さんはクーと同じくらい場面を救ってくれるなあと思ったら、要するにキョーコを守るために守ってくれる人だからなんですね!なのにちょっと寂しくさせてゴメンな今回の話でした。 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。