たいせつでたいせつで(56)

 「こっちだよ、キョーコちゃん」
 戸にかけようとするキョーコの手を、クオンは横からそっと押さえた。
 「え?でも」
 「君はこの家の人なんだから、自宅の玄関から入ろうよ」
 戸惑う少女に微笑とともに言い、彼はすぐ横手の路地へ向かおうとする。
 そこへ、
 からり。
 今時自動ドアにもしていない引き戸が、戸車の音も軽く空間を拓く。
 「キョーコちゃん!!」
 飛びつくような勢いで姿を現したのはおかみだった。
 「キョーコちゃん、お帰り…待ってたんだよ!!」
 「あ」
 キョーコがはくりと口を開けた。単なる反射か、それともありがとうとでも言おうとしたのか。どちらにしろ音が言葉になる前に、タックルのごとく抱え込まれて彼女はびっくり目で固まってしまう。
 「あ、あの?」
 「あのねキョーコちゃん。家族はね、裏の住居の玄関から出入りするんだよ」
 クオンと同じことを言いながらおかみはぐいぐいと寄り切り、キョーコを店の前から引き離そうとする。自分の体で少女の視界を遮りながら。
 彼女も怖いのだ…と思ってクオンは唇を噛んだ。キョーコに、店の様子を見せるのが。
 しかしおかみは、
 「く、苦しいです…」
 ちたちたもがくキョーコに気付いて腕を緩める。
 「あ、ああ、ごめんよ。つい嬉しくて気が逸って」
 「はあ…」
 肘の長さくらい離されてキョーコは、はわー、と笑った。自分が帰って来たことを嬉しいと言われて、自分の方がよほど嬉しそうに。
 「だいじょうぶですよ?ちょっとびっくりし…
 「!」
 おかみを見返したはずの瞳が、不意にぎゅうと収縮した。
 「キョーコちゃん?」
 びくりと跳ねた小さな肩に異変を感じ、クオンが恐る恐る呼びかける。それでもキョーコは返事をしない。
 横に回ってみれば、いっぱいに見開かれた目は吸い付けられたように店内に向けられていた。その、奥には。
 「キョーコ、ちゃん」
 今度はおかみが名を呼ぶ。たまりかねたように、ふくよかな胸に小さな体を引きつけた。少女はひゅっと息を呑み、
 こまかくかぶりを振り、
 きつく目を閉じようとする。
 それへ、優しい、けれど決然とした声が言った。
 「駄目だよ、キョーコちゃん」
 「…」
 キョーコはのろのろと声の主に視線を移す。誰なのかと訝しむような瞳で。きれいな金色の髪、碧い碧い瞳。夢のようにきれいな少年がそこにいる。
 「コーン…?」
 クオンはそっと微笑み頷いた。
 「うん。
 「ねえキョーコちゃん、目を閉じないで。ちゃんと、いま君の前にいる人を見て」
 「え…」
 もぞ、と身動き、少女はやっとのことで自分を抱き締めている…抱き締めて震えている人物を認識する。全身で自分を守ろうとするかのようなこの人は。
 「おかみ…さん?」
 「…」
 クオンは黙っている。キョーコが苦労してまた視線を戻すと、彼は『ほんとうにそう?』と尋ねるように少しだけ首を傾げて見せた。
 少女はみたび目を移しておかみを見る。
 やがてかすかに震える小さな手は、おずおずと前に伸び始めた。自分よりよほど震えている背中に。
 あたたかい、とキョーコは思った。この腕は、自分を受け入れ包み込んでくれる。
 「お…」
 躊躇は残っている。しかしなぜか、許されると確信していた。そう呼ぶことを。
 「おかあ…さん…」
 「!!」
 おかみの腕にいっそう力がこもり、キョーコの頬には自分のものでない熱い滴がぼたぼたと降って来た。




 「おう、遅かったじゃねえか。まったく…
 「子供が家に帰るなんざ当たり前の話で、大騒ぎするこっちゃねえだろうに」
 胡坐の足をそわそわ揺すり、居間に陣取った大将は平静を装った声を投げてよこした。しかしよく見ると手にした新聞はしわしわに皺ばみヨレヨレになっているし、ちゃぶ台の上の湯呑も急須もお茶の池に浸かっている。
 「ああはいはい。ほんとに、素直じゃないんだからねえ…」
 おかみは嘆息したが、その声はむしろ同情的だった。
 「お蔭であたしだけ、いい目見させてもらったよ」
 「あん?何の話だ」
 眉を寄せる大将を、クオンはぬるい憐憫のマナザシで見遣るのだった。



 
web拍手 by FC2


 大将出遅れるの巻(笑)。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR