10・10・10

 恋だったと思う。


 生まれてから10年経って、彼は彼女に出会った
 光こぼれる夏の日の、短い、けれど大切な記憶
 互いの心を温める きれいなきれいな
 たぶんそれで完結するはずだった思い出

 「泣かないで…キョーコちゃん」



 それから10年経って、彼はもういちど彼女を見出す
 忘れられない面影を胸に
 彼は次第に心を解いて行く
 もう求めないと決めたはずのものに近付いていく自分を恐れ
 けれどどうしようもなく育って行く思いに突き動かされて
 何に逆らっても と望み
 その一方で幸福を拒み


 恋だと知る。


 夜明けがどこにあるのか知らず
 闇雲にもがいて
 ただ
 触れたいと望む
 彼女の心をぬくめ
 傍らに立つのは自分でありたいと
 たとえそれが罪であるとしても

 「俺が守ってあげるのに」
  

 恋なのだと思い知る。


 この先10年経って、彼はどこに彼女を見るだろう
 彼女の時は彼に重なるだろうか
 そうであればいい
 そうであればいい
 望み祈り乞い求め
 彼は自分がとうに幸福であることに気付いて
 そっと溜め息をつく
 彼女の何という破壊力

 「なんて恐ろしい病なんだ」




 恋がすべてを吹き飛ばす。 web拍手 by FC2


 今日出したかったネタです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR