スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

もうだめなんて気のせいだって!(2)

 「え、何でも屋が駄目?職業差別はいけないな」
 けろりと言う蓮に、キョーコは叩きつけるように叫んだ。
 「何でもしすぎなんです!人ごろっ…ぐ」
 言い終えず、大きな手が言葉を口の中に閉じ込める。蓮は身を屈めてキョーコの唇の上に置いた手に口づけ、低く囁いた。
 「気をつけて、キョーコ。俺が人殺しまで請け負うなんて公言されると、君の口を塞がなきゃならない」
 ゆっくりと手を離しながら、まんまるになった瞳に浮く怯えの色に苦笑する。
 「私を、殺すんですか…」
 「まさか。君を殺すくらいなら、俺が死ぬよ」
 「な」
 キョーコが目を剥いた。蓮は薄く笑い、束の間目を伏せる。再び開いた時には、その瞳にはからかうような表情が躍っていた。
 「ただ、俺しか知らないところに君を閉じ込めて、毎日毎日毎日毎日、それはもう沢山可愛がってあげる」
 「それ、こっ、殺すってことじゃ…」
 「ああ、ある意味?でもすごく大事にするよ」
 「願い下げです!も、もう大丈夫ですから帰って下さい!ありがとうございました!!」
 あまり感謝の気持ちを感じない怒鳴り声に、蓮はひょいと肩をすくめる。
 「はいはい。俺のキョーコちゃんを本当に怒らせちゃう前に、仰せに従っておこうかな。でも…」
 「でも何ですか。言っておきますけど、私はとっくに怒ってますし、あなたのじゃありませんからっ!!」
 青い瞳が笑った。
 「俺のだよ」
 「なっ…」
 「だからね。
 「もうだめだって思った時は、俺を呼んで。きっとすぐに駆けつけて、どんなことからだって守ってみせる」
 する、と長い腕が引け気味の腰を捉えて巻きつこうとする。キョーコは勢いよくあとずさり、壁にびたりとはりついた。
 「けけけ結構です、そんなこと思いませんからっ。もうだめなんて、そう思うからだめになるんです!」
 「じゃ、俺のことは?」
 不意に語調の変わった男を、彼女ははっと見返す。
 「…あ」
 唇が震えた。
 「で、も…だって」
 意味も成さずに零し出される接続詞を聞きながら、蓮は一歩前に踏み出す。
 「俺は、今でも君を愛してる。君しか愛してない」
 もう一歩。
 「蓮、さ」
 「もう駄目なのか?俺は君を取り戻せない?」
 「そ、れは…
 「わっ私は!!」
 キョーコは壁に沿って背を滑らせる。右手に何か触れた。垂れ下がった紐だ。その感触を認めると同時に、ぐいと下に引き下ろす。
 「キョーコ…」
 彼女の前に迫ろうとしていた蓮の頭上で、かすかな物音がした。
 次の瞬間、
 こわやややややん。
 跳び退った男の立っていた位置の床で、大きな金ダライがこわんこわんと回る。
 「……」
 蓮が重い溜め息を吐いた。
 「なるほど、少しは用心はしてる、と。安心したよ」
 「あなた用です!」
 「丁重なおもてなしありがとう。でもどうせ降らせるなら、一斗缶の方がいいな」
 「持ち合わせがありませんっ」
 「そう。じゃ今度プレゼントするよ。2ダースくらいでいい?」
 「要りません~!!早く帰って下さい!」
 キョーコは地団駄踏みながらドアを指す。蓮は仕方なさそうにのそりと動いた。
 「わかったよ…」
 指された方向へ向かうかと思いきや、彼は振り向きざまにキョーコノ後頭部をさらって引き寄せる。ちゅっと音を立てて唇を吸った。
 「また来るよ」
 笑いながら逃げ出す背中に、硬直から立ち直った家出妻の罵声が飛んだ。
 「バカっスケベ、破廉恥漢~ッッ!!!」



 「もうだめだって言わなかった」
 蓮はあとにして来た小さな家の灯りを振り返る。オレンジっぽく浮く窓を小柄な人影がかすめるのを認めて唇を緩めた。
 「俺のあげた石だって、まだ持ってる」
 どこか自分に言い聞かせるようにひっそりと呟き、彼はひとつ肩を揺すって歩き出す。
 大通りへ出て3ブロックほど進むと、角に薬壜を描いた看板の下がる店があった。肩で扉を押すように中に入る。
 「いらっしゃい…ああ、蓮。久しぶりだね」
 かろんと鳴るドアベルの音に、薬棚に向かっていエプロン姿の青年が振り返った。客の顔を見て笑顔になる。
 「こんばんは、社さん。ご無沙汰してます」
 「どこかケガでも?…って様子でもないな」
 穏やかな笑顔の下に、一瞬だけちかりと鋭い光が瞬いた。
 蓮は他に客のいない店内を見回し、低く告げる。
 「ええ、欲しいのは"真実の欠片"です」
 社の顔から一瞬表情が消えた。そういう顔をすると、怜悧な容貌がひどく冴えて告知の天使のように見える。
 「どんな真実の?」
 窓の外に目を向け、彼は眼鏡のフレームをついと押し上げる。蓮は刹那の迷いを溜め息に押し流し、それに載せるように低く答えた。
 「キョーコを狙う奴がいるらしいんです」



→NEXT
web拍手 by FC2


 やっしー登場~。ここでも蓮のサポートしてるヨ…お疲れ様です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。