スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

あした世界がおわるとしても(10・完結)

 「キョーコ?」
 見上げる蓮に、キョーコはほんのり微笑んだ。
 「無理しなくていいんですよ?敦賀さんが辛いこと、させたくありません」
 「…!俺は」
 「勿論、聞いて欲しいって仰るならいくらでもお話聞きます。だけど義務とか…もしかしたら不安のせいで言わなくちゃって思ってるだけなら、そんな必要はないんだってわかって下さい」
 「キョーコ…」
 「何があってもなくても、貴方が望んで下さるなら私はそばにいます。いつまでも、もし明日世界が終わるなら、その最後の一瞬までも」
 「……」
 蓮は恋人を引き寄せ、強く抱きしめる。けれど包まれているのは自分だと感じていた。
 「ごめん」
 ぽつりと言う。
 「もう少しだけ、待ってくれるかな。それで勝手だけど、いつかは聞いて欲しい」
 「はい、勿論」
 返った答えがこの上なく優しかったから、彼はますます腕に力をこめる。
 「君は、どんどんいい女になるね」
 「え」
 「君はいつも最高だけど、それが刻々と上昇して行く。俺はその度に惚れ直さなきゃならないよ…」
 「なっ」
 キョーコがもぞもぞ身動きし始めた。
 「何言ってるんですか、もう。すぐそういう台詞吐くんですから、貴方は」
 巻きつく蓮をひっぺがそうとするが、当然のごとく許されない。ただほんの少しだけ緩められた腕に、彼女はそっと手を置いた。
 「ほんとに、もう…」
 俳優が顔を上げる。
 「呆れた?でも台詞じゃないんだよ、思ったこと言ってるだけだ。いけないかい?」
 「い、いけないってことはありませんけど。でも。私、もうわかってますよ?その、敦賀さんが私のこと、えと、想ってて下さるの」
 「伝わってることと伝えることは別の話だよ」
 ぽん、と返されて彼女は数度瞬き、小さく唸ったと思ったら
 「えいっ」
 ずこ、と蓮のつむじを突いた。
 「!?」
 驚いて力の抜けた腕をするりと抜け出し、素早く自分の席に戻る。鍋の蓋を外し、菜箸を取り上げた。
 「じゃ、私もしつこく伝えます。食事はきちんとなさって下さいね!人間、食べないと死んじゃうんですよ」
 くつくつ呟く鍋の中身を取り皿に手際よく盛り、ずいと正面に座る男に差し出す。
 蓮は受け取りながら苦笑した。
 「はいはい。君を結婚前から未亡人にしたりしないよ」
 「け!?…っこ」
 「さっき、俺が望むなら一生そばにいるって言ってくれただろう?」
 「い、一生とは」
 「あれはそういうニュアンスだったよ」
 「う…」
 菜箸からシイタケが何度も逃げる。びし、とそれを捕らえ、キョーコは強い声を上げた。
 「そ、それはそれとしてですね!」
 「うん?」
 「未亡人って言葉は、ほんとは他人が使っちゃいけないんですよ。旦那さんが亡くなったのにのうのうと生きてる奥さん、みたいな意味なんですからねっ」
 「え、そうなの?ひどいな」
 「ええ、だから本人しか言っちゃいけないんです、本来」
 「そうか…ごめん。
 「って、今はそこは……うん、いや、でも…そうだな、返事はまだしてくれなくてもいいよ」
 「はい?そうなんですか?」
 蓮は明らかに安心するキョーコの様子に苦笑を浮かべた。
 「うん。プロポーズはまた日を改めて、きちんと環境を整えてするから。指輪と花束を用意して、ホテルのディナーを予約して…
 「その時、返事はわかってるけどちゃんと伝えて欲しいな」
 「は、あ。しょってますね…」
 「それも返事になってないかな?」
 斜め下を目だけで見下ろし、キョーコはテーブルに鍋敷きを置いた。そこへ鍋を移動させ、かわりにカセットコンロにはやかんをかける。火を一番強くしながら、だんだん笑顔になった。
 安心したのか、嬉しいのか。
 考えながら蓮は、自分も似た気分でいることに気づく。たぶん自分は、彼女以上に。
 「食べましょうか」
 促されて、彼は恋人ににっこり笑いかけた。
 「うん、ありがとう。いただきます」
 「はい、どうぞ召し上がれ」
 微笑み合って箸を取ったところで、キョーコがそう言えばと言い出した。
 「何?」
 「この前、変な話しましたよね。もし何かあって、何も食べるものがなくなって、二人でいたら」
 「ああ、君を食べろとか、俺を食べろとか言い合ったこと?」
 「はい…あ、ごめんなさい、食事中に。でも、いままさに“何かあった”状態ですけど、けっこう大丈夫だなあ、なんて思ったんです」
 えへへ、と笑うキョーコに、蓮は愛しげな視線を向けた。
 「そうだね、二人でいれば。君は俺が守るし」
 心から言えば、
 「敦賀さんは私が守ります」
 明るい声が応える。蓮は微笑と共に頷いた。



 だから、一緒にいよう。
 あした世界が終わるとしても、その最後の一瞬まで。



-完-



  web拍手 by FC2




 どの道今日はこの話の順番でしたが、えらくタイムリーかも…リアルに停電してるじゃないですか。なんだかな~。
 ともあれ完結です。おつきあいありがとうございました!


 すいません、大ポカやらかしてたのでちょっと修正しました。うひー。正直、昨日は焦ってて何を書いたかイマイチ記憶がありませんです。冷静に冷静にと唱えてたんですが、そんな必要がある時点で冷静じゃないんですね~。とほほ。     11/12
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。