スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

もうだめなんて気のせいだって!(8)

 「でもまず、話より先にこれ何とかしないと」
 奏江に促され、キョーコは慌てて蓮の牽引を再開した。
 「モー子さんったら、蓮さんのことこれだなんて…」
 困った口調で言いかけ、友の美しい顔に般若の相が浮かぶのを見て縮み上がる。
 「モ、モー子さん!?」
 「あんたねえっ、あれだけこの男に悩まされてて何をまだ庇ってんのよ!!」
 奏江が怒りのあまりか引き潮にも似た力強さで引っ張るので、蓮の体はあっと言う間にソファの下まで運ばれた。キョーコが手を叩く。
 「モー子さんすごい、力持ち~」
 「ボディシェイプのためにウェイトトレーニングもやってますからねっ」
 フンと鼻息を噴き、ダイエット道場の幹部は厳しく命じた。
 「ほら、頭の方持って。一気に持ち上げるわよ」
 「わかったわ、せーの…
 「よいしょ!!」
 ばふ、とソファの座面が空気を吐き出す。蓮の体は女一人の家の小さなソファに収ま…りきらず、大幅に足がはみ出してはいるがともかく横たえられた。キョーコは戸棚から毛布を出して来る。
 「やっぱり蓮さんには狭すぎるわねえ…でも屋根裏部屋のベッドまでなんて、とても運べないし」
 「屋根裏はあんたの寝室じゃないの。そんなとこ寝かせたら駄目に決まってるでしょ」
 「え、でも私を庇って毒を受けちゃったのに…」
 「そ・れ・で・も!大体あんた、結婚したばっかりですぐ戻って来たと思えば理由も言わずに毎日暗い顔してたクセに、なんで未だにこの男が出入りするの許してるのよ。
 「まあ、今回ばかりはそれで助かったけど…」
 奏江は渋面のまま、腕を組み片足の爪先で床をたしたし叩いた。
 「そりゃ私は、何があったか知らないわよ。話してもらえないんだから。でもね、それならあんたにあんな顔させる男に振り撒く愛想の持ち合わせがあるかって聞かれれば答えはノーよ」
 「モー子さん…っ」
 かすかに血の色を浮かべる頬を隠すように手を上げ、彼女は大きく肩を揺らして息をついた。
 「肉体労働したらのど渇いたわ、お茶でも貰える?」
 「あ、うん!ごめんね気が利かなくて。用意して来るから、そしたらさっきのお話聞かせて」
 「ええ、わかってるわ」
 「じゃ、ちょっと待っててね。蓮さんのお薬も出しておかないと…」
 奏江が頷くと、キョーコはパタパタ軽い足音を立てて奥へ引っ込む。彼女がキッチンへ入る頃合になって、ガラの会の幹部は蓮の寝かされているソファに近い椅子に腰を下ろした。
 「…で?狸さんはいつまで寝とぼけるつもり?」
 低く言う。
 蓮の体が小さく震え、苦笑と共に眼が開いた。
 「私が引っ張るタイミングに合わせて反動つけて下さってどうも」
 「どういたしまして」
 皮肉な声に皮肉を返し、蓮は視線を椅子の上の女へと投げ上げた。そこから質問が降って来る。
 「毒は?」
 「効きにくい体質でね。とは言え、キョーコの薬がなかったら危険だったのは確かだけど」
 「そうですか。じゃ、動けないのは本当?」
 「今のところは。明日には回復してると思うよ。君も言ってたけど、キョーコがいれば俺は簡単に死んだりしない」
 最初っから意識があったのね、と奏江が嘆息する。蓮はほのかに微笑み、キッチンの方角に耳を澄ますように目を伏せてから言った。 
 「君は敏いね。その上聡い。俺が気がついてることをキョーコに黙ってたのはどうして?」
 「キョーコの家に入り込もうって企んだってことくらいわかります。それが純粋にあの子を守るために、ってことなら、話くらいは聞いてもいいかと思って」
 「それはお気遣いありがとう。そうだね…守るよ、全力で」
 蓮の瞳に力が点った。
 「と君が言うってことは、まだ終わってないんだね」
 玄関先に転がされたままの女襲撃者を見遣り、彼は低く呟く。奏江がひとつ息を呑んだ。
 「聡いのはそちらのようですけど」
 「どうかな…とりあえず、俺も君の話を聞かせてもらいたいな」
 決定事項のように蓮は要請し、再び元の姿勢に戻って目を閉じた。
 ほぼ同時に、ことこと足音がして盆を抱えたキョーコが入って来る。奏江の呆れ顔を見て、すこし首を傾げた。
 「どうかした?モー子さん」
 「何でもないわ。いい香りね…」
 ほのかにハーブの香りが漂っている。目を細める友の姿に、調薬の魔女は嬉しそうに笑った。




web拍手 by FC2


 なんでみなみの書くキャラたちはすぐ腹の探りあいをするんだ。キミタチもっとまっすぐ生きたまえよ!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。