スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

たいせつでたいせつで(84)

 「お前ばっかりずるいっ」
 と涙目の父に訴えられた15歳の少年は、どういう反応を返したらいいのだろう。
 クオンが悩んでいると、クーは芝居がかった仕草で大きくかぶりを振る。
 「毎日学校で会えて、弁当まで作ってもらってて、帰りは大体一緒で。なのにどうして、日曜まで家に呼んでもらえるんだっ。ああキョーコ…」
 嘆きの天を仰ぐ父に、クオンはそれは冷たい視線を投げた。
 「どうしてって言われてもね。大体、毎日一緒なんて、あとちょっとのことなのに」
 言い捨てたまま、彼はさっさと自宅をあとにした。



 「クオンは卒業しちゃうのねえ」
 カレンダーを眺めてキョーコが呟く。
 半袖のTシャツから伸びる腕の白さがいじらしいなどと考えていたキョーコバカ少年は、現実に引き戻されて沈痛に頷いた。
 「うん…」
 淋しい?と聞いてみたい。けれどそれでもし、『別に。モー子さんがいるもの』とか言われたら…
 彼はちょっと息をつき、気を引き立てるように笑う。
 「でも、俺の行く高校は今の中学から近いし、帰りはできるだけ迎えに行くから一緒に帰ろう」
 「え!?でもそんなの、クオンが大変じゃない」
 「君に会えない方が大変だよ」
 彼にとっては紛れもない本音を吐くと、おそらく真の意味を知らない少女はぽっと頬を染めた。
 「な、に言ってるの、クオンはもう…もう」
 本当なのにな、と残念な気持ちで考えるが、少年はそれ以上言わなかった。ここはキョーコが養父母と住む家で、今しも階段を上ってくる足音が聞こえたからだ。
 じきに、少女の部屋のドアが軽くノックされる。
 「はーい」
 キョーコが返事をしながら立ち上がると、彼女の養母であるだるまやのおかみがドアを開けた。いつものふくふくした微笑を浮かべ、手には飲み物の載った盆を持っている。
 「いらっしゃい、クオン君」
 「お邪魔してます」
 ぺこりと頭を下げたクオンに笑いかけ、おかみはキョーコの顔を見た。
 「ああいけない、きのうキョーコちゃんが焼いたお菓子を持って来るのを忘れたよ」
 「あ、じゃあ私取って来ます!」
 キョーコがぴょいと跳ねる。
 「そうかい?クオン君が来るからって一生懸命作ってたもんねえ」
 「おか、おかあさん。…行って来ます!」
 真っ赤になったキョーコがバタバタと出て行く。
 おかみはそれを見送り、ドアが閉まると同時にクオンに顔を向けた。
 「クオン君、今度のCM…またキョーコちゃんがお世話になるけど、よろしくしてやっておくれね。色々教えてやって」
 「ええ、勿論です。でも監督には、俺がキョーコちゃんから学べって言われてるんですよ。マカナン監督は、キョーコちゃんをすごく買ってるんです」
 クオンの言葉に彼女は軽く頷いた。
 「ああ、あの監督ねえ…こないだ挨拶に来てくれたけど、何て言うか…豪快な人だよねえ」
 気を遣った物言いに少年が苦笑する。
 「あれで作品は繊細ですから、どこかにそういう部分を隠し持ってるのかもしれませんけど」
 デニス・マカナンが出演者の家族に挨拶ねえ、と意外の念を覚えながら言うと、おかみはびよんびよんと顎を振り動かした。
 「ふうん…そういうものかねえ。まあ、うちの人とは妙に気が合ってたみたいだけど」
 「えっ!?」
 追加されたびっくり情報に、クオンは思わず声を上げた。
 「こう、店のカウンターに座ってね。監督がほとんど喋って、うちの人は聞く一方だったんだけどね。珍しいことに、ちょっと笑ったりして」
 「ええっ」
 「CMの話もね、最初はいい顔してなかったんだよ。だけど本人の希望だし、クオン君もヒズリさんも、奏江ちゃんや奥さんまで出るって言うから。やるだけやってみろって。
 「それが監督と話したあとは、『キョーコにもいい経験になるかもしれんな』なんて言っちゃってねえ。どういう魔法なんだろうと思ったよ」
 「はあ」
 クオンが自分も知りたい、などと思ったところへ、今度は先程よりも軽い足音が階段を上って来る。
 「ああ、キョーコちゃんが戻って来たね」
 おかみがドアを開けに行く。
 わざわざ?と思ったクオンは、そこに現れたキョーコの姿を見て納得した。なるほど。と言うかあれはもしや。
 「お待たせ。あのねクオン、クッキーいっぱい焼いたから、クーパパにも持って行ってね?」
 少女は両腕に巨大な紙袋(しかも上部にビニールに入った菓子がはみ出している)を抱えておぶおぶ入って来る。
 やっぱり、と苦笑したクオンは荷物を受け取ろうと立ち上がりかけて、そこでぎょっと目を瞠った。
 「キョーコちゃん、ケガしたの!?」
 「え」




web拍手 by FC2




 さあどうした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。