スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

もうだめなんて気のせいだって!(20・完結)

 「ちょっとやだ、離しなさいよっ…」
 「お嬢様!?」
 暴れる絵梨花の声に、伸びていた坂崎がびくりと覚醒した。主を抱えて闇に紛れて行こうとする人影に気付き、明らかな動揺を見せる。
 「お、お前は…“魔犬”!?」
 指差された男が小さな溜め息をつく。まだ若い。白髪赤瞳、顔かたちの整っていることは薄灯にも隠れないが、蓮とは違い線の細い端麗さには一種寒々しい妖しさが湛えられている。
 「どうしてここに…お嬢様をどうする気だ」
 「最初に来た、殺し屋さん…!?」
 坂崎は完全無視。声を上げるキョーコに、魔犬と呼ばれた男はゆるりと視線を向けるが、それはさりげなく彼女の前に出た蓮の体に阻まれてぼたりと床に落ちた。男の職業を聞いたお嬢様の方は青い顔で硬直している。
 「二度と彼女に近付くなと言ったはずだけど」
 蓮は低く、呟くように言って殺し屋を睨みすえた。それに気圧されたようにじりと足を引きながら、魔犬は笑みに似たものを端麗な顔に貼り付ける。
 「承知した覚えはないな」
 しかしそれ以上の問答をしようとはせず、
 「だがまあ、今日のところは目的も依頼主も違う。ともかく用を済ませようか…アンタ」
 今度は奏江に目を向けた。
 「な、何」
 「俺の今の雇い主から、伝言を預かって来た」
 「伝言?誰から…何て」
 きつい視線を返す奏江に、男は面白がるように唇を歪める。
 「娘の失態について遺憾の意を表し、琴南氏の会長就任を後援すると共にガラの会へ相応の寄付をさせて戴く…とのことだ。
 「なお、お前たちがこれに応じない時は俺は本来の業務に就くことになる」
 名指しこそされないが、伝言の主が誰であるかは瞭然としている。逃げ出す隙を必死に窺っていた絵梨花がぴたと動きを止めた。
 これに反し、奏江の方は般若の形相となる。
 「そんなことを」
 何か言いかける蓮よりも先に、彼女は素晴らしい声量で反駁を開始した。
 「またお金!?恵んでやるからこれ以上騒ぐな、嫌なら死ねって言うのね!まったく、子が子なら親はもっとたちが悪いわね、もー!!」
 美しきダイエッターは柳眉を逆上げ、剣呑なメッセンジャーに臆することなくびしりと指を突きつける。
 「戻ってアンタの雇い主に伝えなさい。狙われた当人がやたらお人好しだったり馬鹿みたいに忠実な猛犬手懐けてたりするお蔭で深刻な被害はなかった事だし、業腹だけどここは収めといてあげるわよ!ただし、今後はそちら様には一切関わりたくないわ。アンタも含めてね。寄付も要らないから、ガラの会からは親子ともどもきっぱり手を引いて頂戴!!…ってね!」
 「なかなかの肺活量だな」
 魔犬が妙な感心をして唇を歪める。
 「返伝は依頼内容になかったが…まあサービスで伝えておこう。では、あんたにはもう会うこともないわけだ」
 声と同時に、ふわりと風が立った。
 「口封じとか、企んでたりは?私たち、あんたの顔を見たわ」
 問う奏江に、今度こそ笑みとわかる顔で殺し屋は答える。
 「その必要はない。俺を追及すれば、そちらにもまずいことになる…だろう?何でも屋」
 「…!」
 ぴりと男同士の間の空気が緊迫する。
 それを胡散臭そうに、キョーコを心配そうに見ながらダイエッターは黙り込んだ。
 「さて…今度はその男のいないところでな、京子」
 絵梨花を連れてすうと姿を消す男の残した言葉が宙で揺れ…
 「今度はないよ」
 低い声に握りつぶされた。



 「あ、社さん」
 外へ出ると馬車が止まっていて、その御者台には眼鏡の青年が座っていた。
 「やあキョーコちゃん、お疲れ様。琴南さんも大変だったね。でも、二人とも無事でよかった」
 「ありがとうございます。迎えに来て下さったんですか?」
 「蓮に頼まれてね。さ、乗って乗って」
 娘二人が礼を言って車室に乗り込むと、蓮は御者台に近寄って小さく頭を下げた。
 社が穏やかに笑う。
 「手下三人は適当にお仕置きして帰すよう手配したから。魔犬には逃げられちゃったけど…」
 「あれは放っといて下さい、俺が自分で排除します。まあ、殺せないのが面倒ではありますが」
 「うん?」
 「キョーコと約束したんです。もう殺しはしないって」
 ちらりと笑うと、社も同じような微笑を浮かべた。
 「そっか。うん、その方がいいよな。キョーコちゃんはいい娘だ、幸せにしてやれよ」
 「ええ…」
 彼の抜ける穴を埋める手間もあるだろうに、薬屋兼情報屋兼周旋屋は何も言わない。穏やかな笑顔に感謝しつつ、蓮は車室の扉に向かった。
 「じゃ、お願いします」
 OKサインが返るのを見てから乗り込むと、彼の妻とその親友がイチャコラ寄り添っている。
 例のバスケットを開けるキョーコに、奏江は珍しくしみじみ言った。
 「昨夜捕まった時にちょっと抵抗したら眠らされちゃって、そのままだったからお腹ペコペコなのよ。ありがたいわ」
 「よかった、たくさん食べてね!ちゃんとカロリー計算もしてあるから、全部平らげてもモー子さんの美貌は損なわれないわよ!」
 軽快に走り出す馬車は、行きのものよりもよほどスプリングが効いている。さほど気をつける必要もなく水筒のお茶をコップに注ぎ、キョーコは奏江と蓮ににっこり差し出す。
 それへガラの会幹部は澄んだ黒瞳を向け、早速おかずをつつきながら言い出した。
 「ねえキョーコ…アンタ、ガラの会の出版部からレシピ本出さない?」
 「えっ!?」
 「薬と違って、自分の手間と努力も必要になるんだから、ダイエット食っていうのはアリだと思うのよね…ああ、ガラの会の食堂で時々教室開いてもらうのもよさそうね」
 「モ、モー子さんの役に立てるなら何だってするわっ!!嬉しい、初めて頼ってくれるのね…!
 「…あ、でも、また癒着だ何だって言われたら…」
 「何もしなくても言われるんだもの。もういっそちゃんと関わってもらって、その上で私たちがお互いの分を守るってところを見せてく方がいいわよ。
 「まあ正直なところ、高園寺に手を引かれてテコ入れが必要になったっていうのが大きいんだけどね…どうかしら。力を、貸してくれる?」
 「モー子さんっ…勿論よ、喜んで!!」
 キョーコは大感激の態で親友の手を取る。
 大きな瞳をうるうる瞠り、頬を染めた笑顔は蓮にとって甚大な破壊力を具えている。脱やもめ志望者は娘たちの向かい側の席でひとり願った。
 速く。もっと速くこの馬車は走れないのか。矢よりも速く走り、奏江を自宅に、彼と可愛い妻とをあの小さな家でも彼の家でも送り届けて欲しい。
 そうしたら。どうにかして脇腹の傷など忘れさせ…いや、いっそ利用するのも手か…彼女を我が手に取り戻すのだ。
 それは彼にとって、何よりも優先すべき急務に思えた。
 だってキョーコ、と彼は思う。もう駄目なんだ。ともかく一件が片付いた今、これ以上我慢できる気がしない。
 息を呑む蓮の唇から、小さな呟きが零れ落ちる。
 「これは気のせいなんかじゃ、ないからね」
 「はい!?」
 キョーコは急に何を言い出したのか疑うのだろう、目を丸くし。その隣の娘は逆に目を眇め、実に胡散臭そうに彼を見た。





-了-



web拍手 by FC2



 おわりましたっ。ほへ~。
 しかし、エメラルド忠誠度高いな(笑)。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。