スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

たいせつでたいせつで(94)

 「……」
 大将のこめかみがピクリと攣れた。
 「だから心配なんだろうが…キョーコはまだガキだぞ」
 「あの、だからクオンについて来てってね」
 「おめえは黙ってろ」
 ぴしゃりと言われ、キョーコは情けない顔で口を閉じる。おかみに視線を向けたが、困った顔が返って来ただけだった。
 と、そこへ、店の方から引き戸を開ける音がする。
 「マイドー」
 胴間声に覚えがあり、全員が反応した。おかみが急いで立ち上がる。
 「と、とにかく」
 クオンは少しばかり焦ったように言葉を急ぐ。ちゃぶ台から離れて座布団を外し、もたつきながら長い足を折った。
 ぴたりと愛しい少女の父を見据える。何年か先の予行演習、と自分に言い聞かせて。
 「キョーコちゃんを預からせて下さい。きっと何からも守って見せます。…俺からも」
 畳に片手をつく姿に、日本の親父は片方の目を瞠りもう片方を眇めた。
 「…坊」
 「わお!」
 大将の口から『ず』が発音された瞬間、素っ頓狂な声がそれをかき消した。
 「ジャパニーズ・ドゲザ!ファンタスティック、ハラキーリ」
 「…マカナン監督…」
 おかみに案内されて住居の居間まで上がって来たのは、やたらと腰の軽い映画監督だった。本当にちゃんと仕事をしているのか。
 「クロサワー」
 「監督、腹切りは武士の名誉を懸けた最期の儀式だ。ファンタスティックだの何だの、茶化しちゃいけねえ」
 渋い声で注意する大将には、
 「今、そこかい」
 おかみのツッコミが入った。
 「すまんすまん、珍しいもん見たんで、つい浮かれてな」
 からから笑うマカナンの視線を感じながら、クオンは少し赤い顔で身を起こす。来訪者が誰か悟って、介入される前に話をつけようとしたのに、ここまで案内されて来るほど親しくなっていたとは知らなかった。今の自分の姿を恥ずかしいとは思わないけれど、あとあとからかわれるようなタネを与えてしまったのはいかにも癪だ。
 「で、何してたんだ?どうせキョーコちゃんカンケーだろうがな」
 マカナンはちゃっかりキョーコの向かいに席を占め、何気なく(もなく)尋ねる。
 いや待て今、とクオンが顔を跳ね上げた。
 「キョーコちゃん!?」
 「え!?はいっ」
 いきなりの大声に少女が飛び上がる。
 「あ、いや、呼んだわけじゃなくて…監督が、急に呼び方変えてるから」
 「急じゃねえぞ?あ、ドモ」
 おかみから茶を受け取って礼を言い、映画監督はぴこぴこ指を振った。
 「ここは酒も料理もうまいんでな。最近通ってんだよ。そしたらタイショーと古い日本映画の話で意気投合しちまってさあ。ってなったら、マブダチの娘は名前で呼ぶだろ?」
 最近とか言うが、カメラテストの日から数日しか経っていない。それがマブダチで、キョーコちゃん呼びか!?
 クオンはめらりと腹に怒りを抱えた。
 ひとが苦労も苦悩もしている間に、このちゃっかり親父はスイスイ入り込んで行く…!
 思わず睨むが相手は海千山千の古狸、平気の平左でニヤニヤしている。
 と思うと鼻をほじりかねないリラックス顔で尋ねて来た。
 「で、何の話してたんだ。プロポーズにゃ、まだちいと早えだろ」
 ぴっきーん。
 マカナンの言葉と同時に、クオンは高く澄んだ音を聞いた。
 発生源に目を遣れば、大将が世にも恐ろしい顔のまま固まっている。
 まずい。非常に。
 クオンは余計な一言を放った太鼓腹の親父に呪い殺しそうな目を向けた。しかしマカナンはやはり動じない。
 「なんだ、図星か?てかアレか、交際を認めて下さいってヤツ?」
 のほほんと言うので、キョーコが慌てだした。
 「ち、違います!夏休みに一緒に日本へ行きたいと思って、おとうさんに許可を…」
 「日本?」
 マカナンが反応するので、クオンはぎくりと嫌な予感に震える。
 「日本のどこ行くんだ?」
 「え、京都ですけど」
 「キョート!!」
 映画監督は、ぱん、と我が膝を叩いた。
 「なるほどそいつは問題だ、子供だけでそんな遠いところまで行かせられねえよなあ!うん!
 「で、それいつ頃の話なんだ?」
 「あの、8月の中旬、です」
 「監、督…?」
 そろそろと窺うクオンの視線も声も綺麗に無視して、マカナンは大きく頷く。
 「CF撮り終わった後か、丁度いいじゃねえか。よし、ここは俺に任せろ。俺が引率してやる!」
 だるまや一家の呆気に取られた顔、クオンの頭痛を堪えるような顔を見回し、中年男は上機嫌でお茶をすすった。
 「いやーいいねー、ガイドつきでキョート!いっぺん行きたかったんだよな~」
 「……」
 クオンの瞳の色は、実に複雑だった。





web拍手 by FC2




 お邪魔虫追加入りました~。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。