だからきっと君がすき

 「あの頃は本当に、毎日悶々としてね…」
 長嘆息する蓮の腕の中で、キョーコはもがもが身動きを試みる。
 しかしがっちり抱え込まれた身ではそれも叶わず、彼女は自分を捉えている長い腕をぱみぱみ叩いた。ギブギブ。
 そうしながら同時に、頭の中でここまでの経緯を振り返る。
 仕事帰りに出くわした危機を蓮に救われ、彼への気持ちに気付いたのが1週間前。その際にどさくさに紛れて告白めいた台詞を口走ったところ、先に蓮からきちんと口説かれてしまった。
 なので今、彼と彼女はいわゆる恋人同士という状態になっている。らしい。
 しかしそうなってからもトップ俳優はやはり殺人的に忙しく、ちゃんと二人きりで会えたのがやっと今日。蓮から電話があり、今日は早く帰れるのだと聞いた途端に、キョーコは食事を作りに行かせて下さいと口にしていた。それはラブミー部員としてでも代理マネージャーとしてでもなく、彼女が自分のためにした要求だった。
 それに俳優は、極上の蜂蜜みたいな声でとろりと答えた。
 『ありがとう、嬉しいよ』
 かつて聞いたどんな言葉よりも、彼の愛の告白よりもさえそれは確かに甘く、彼女に彼の気持ちを信じさせたものだった。
 そしてキョーコは、天上の蓮華のうてなにも載るべき微笑みを携えて迎えに現れた青年を自分の恋人なのだと初めて自覚する。
 ふわふわした気分のまま食事を作り、ふたり並んでそれを食べ、食後のコーヒーは蓮が淹れてくれた。
 初めて味わう満ち足りた思いに戸惑いながらソファに隣り合って座り、熱い飲み物を吹いていると、似たような間の悪さを感じていたのか蓮がテレビの電源を入れて。映し出されたのが、以前二人で主演したドラマ“だからどうか名前を呼んで”の再放送だった。
 しかも、ミツルが兄のような幼馴染である裕介に襲われかかる回だったという…これは何の罠だろうか。
 演技であるとわかっているし、何よりも現場でもその撮影シーンを見ている蓮の瞳に妖しい影が差したのは、まさに問題のシーンに差し掛かる頃合だった。
 俳優は、恋人の目を塞ぎたかったのかもしれない。テレビを消せば、却って白々しい静寂が漂ってしまうに違いないから。
 そっと肩を引かれて、あれと思った時にはキョーコはすっぽり蓮の腕に収められていた。
 「つ、敦賀さん」
 キョーコの声に哀願が混じる。少々息苦しいし、体勢的にも辛い。何よりもう、いたたまれない。抱きしめられていることを嬉しいと思う自分がいるのが余計に気恥ずかしかった。
 「貴島が君に触れる度に、大変な思いをして自分を抑えてた…」
 耳もとにこぼし入れられる低い声。彼女は思う。耳から犯されるってこういう…
 「違うのよ破廉恥よ何考えてるの!!!」
 思わず叫び上げ、一瞬で我に返った。
 蓮が、ひどく傷ついたような顔をしている。
 「あ、あの」
 「そう、だね。ただの演技なんだから、俺が過剰に反応してただけだ」
 誤解させた。キョーコはあたふたと蓮の服の肩をつかむ。
 「ちっ、違います!今のは、その、自分に対しての」
 申し開きの途中で、ひゅっと息と言葉を詰めた。待テ。ちょっと待テ。
 「…へえ…?」
 俳優がゆるりと微笑む。大きな瞳の運動が一層激しくなった。
 まずい、とキョーコは思う。よくない兆候だ。この笑い方は、キョーコが最も苦手とする蓮の一形態の前触れ。
 果たして…
 「破廉恥なことを、君が考えてたの…?」
 夜の帝王は、愉悦を含ませて甘く甘く尋ねて来た。気がつけば、長い指が彼女の輪郭をするする辿って首へと降りていく。
 「あ、あの…」
 「嬉しいよ…」
 好意の言葉は、今度は異質の艶をこめて囁かれた。キョーコの頭が一気に沸騰する。
 ばす。
 膝が入った。蓮の鳩尾に。
 「…………っ」
 俳優は声もなく、腹を抱えてうずくまる。
 その隙に逃れたタレントは、慌しく自分の荷物をつかんで立ち上がった。
 「すっすみません!本当にすみません!!でもあの、私これで失礼しますっ。送って戴かなくて結構ですから!それでは!!」
 ばたばたと玄関へ逃げ去る彼女は、暫し後にソファの上に転がった蓮の呟きを聞かなかった。
 のは、幸いだったのかどうか。


 「まあ…今のうちだけだよ?逃がすのは」
 





web拍手 by FC2
 
 


 実際にはこのあと送ってる気がします。

 こちらはまゆはは様のリクエスト作品になります。
 「だからどうか~」のドラマのメイキングを振り返って話している2人を、「成立後間もなく」でということでした。
 …はっ!うっかりメイキングじゃなく本編にしてた!!すいません。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR