スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ただ乞いて(3)

 「もう、こちらにお邪魔するのはよそうと思うんです」
 トップ俳優の自宅のリビング、食後のお茶を卓に置きながらキョーコが言う。蓮は湯呑から立ち上る湯気を目で追い、静かに尋ねた。
 「どうして急に?」
 「あ」
 少女の細い肩が、びくりと震える。
 「そ…れは、あの…
 「す、好きな人に迷惑をかけるのは」
 「誰」
 短く遮る蓮の声が鋭い。キョーコは男の変化についていけずに目を瞬いた。
 「好きな人って、どんな奴」
 俳優に問いを重ねられ、かすかな呼気を洩らす。どうして、そんなことを、あなたに。
 「敦賀さんには…」
 「関係ない?つれないね、最上さん。俺は先輩として、ラブミー部卒業の暁にはお祝いの花でも贈ろうかと思ったのに。いつかの不破より、よほど豪華な花束を贈ってあげるよ」
 「…!
 「つ…るがさん、そんな、意地悪なこと…」
 関連して色々思い出したらしい。複雑な表情を過らせたキョーコは、絞るように言って膝の上で拳を握った。
 「要りません、花なんて。そもそも、ラブミー部卒業だってできっこないんです。ただの片思いなんですから」
 「最上さん?」
 少し慌てたような、救われたような蓮の声には気付かず、少女は俯き肩を落とし、色のうすい声を出す。
 「とても、優しい人で。何度も助けて貰って、辛い時慰めて貰って、救い上げて貰って…いつの間にか、かけがえのない人になってました。
 「でも…その人には、他に大切な人がいるんです」
 「そんな…」
 蓮が何か言いかけた。いつの間に、と呟いたようでもあったが、キョーコはひとつかぶりを振って笑顔を作ろうとする。
 「いいんです。私、はじめから知ってました。第一、私はもう恋なんてしないできないって思い込んだまま、何も努力してません。そんなので、人の心が手に入るはずないんです」
 「最上さん」
 くしゃっとした泣き笑いに手を伸ばしかけ、蓮は宙で拳を作る。それを自分の顔の前に引き戻し、じっと凝視した。
 「…ないのに」
 キョーコの声の調子が変わった。高低も抑揚もバラバラになり、激しい息音が合間に混じる。
 「私は勝手です。それでも、と思ってしまう。ぬくもりが欲しいって。これ以上近くへ行けないことが、触れ合えないことが淋しくて、哀しくてたまらないんです。こんな…こんな気持ちで敦賀さんのお傍になんて、いられません…っ!!」
 顔を覆って身を震わせる女優の声の不確かさにこめられた激情を思い、蓮はしんと表情を沈めて呟いた。
 「淋しいの?」
 え、とキョーコが顔を上げた。
 「ぬくもりが欲しいんだね」
 「つる…が、さ…ん?」
 「だったら、俺を利用すればいい」
 「!?」
 何を言い出すのかと男を見返す大きな目から、抑え切れなかった涙がほろりと震え落ちる。それを指先で拭い取り、俳優は自嘲するように笑った。
 「俺もね、同じなんだ。ずっと好きな人がいる…でも全然俺の手に落ちてくれなくて、ぐずぐずしてるうちにとうとう他の男に彼女の気持ちを持って行かれてしまった」
 「そんな…敦賀さんが」
 「俺も淋しいんだ」
 蓮は繰り返す。少女の瞳を見つめ、哀しげに、憂わしげに、誘惑の言葉を。
 「だから…ああごめん、利用は言葉が悪いね。助け合いって言ったらいいかな。君は俺をその男だと思って、俺は君を彼女だと思って…ぬくもりを与え合う夜は、少しの慰めにもならない?」
 「なっ…」
 キョーコはかあっと頬を紅潮させ、叩きつけるように叫んだ。
 「だっ、駄目ですそんなの、不実です!」
 蓮の眼差しが昏くなる。
 「どうして?俺たちは二人とも片思いしてるだけだ。しかも、ほぼ失恋確定の。誰にも、何の責任も負ってないよ」
 「だからってっ!
 「そ、それにいきなりそんなこと言われても…私、経験がなくて…」
 「なおさら欲しくなるよ」
 「え?」
 小声で呟いた蓮の言葉を、ぐるぐるの思考を抱えていた少女は聞き逃した。尋ね直しても、男は何でもないと首を振る。
 「初めてなら尚更、経験のある男の方がいいんじゃないかなって。俺が、ちゃんと教えてあげるよ。そしたら、また今後役に立つかもしれないし」
 「そんな…でも…」
 「ねえ…最上さん」
 長身の俳優の長い指が、明るい色の髪を梳き撫でる。キョーコがぴしりと固まったまま動かなくなった。
 「やさしくし合おう?君は俺を慰めて…俺が君を温めるから」
 「で、でも…」
 少女は魅入られたように俳優の精緻な造作を見つめながら、次第に語尾を弱める。
 「私……」
 震えるソプラノ。揺れる瞳。リズムの狂った呼吸を継ぎ、キョーコはそっと自分の胸元に手を当てた。そこに一滴ずつ、何か溜まって行く気がする。もうすぐ溜まりきって、心臓に流れ込んでしまう。
 自分が、この人を、慰める。慰められる…?
 でも。
 でもそんなこと。
 「わた、し」
 かぶりを振ろうとした。振ろうとしたのだ。
 しかし、男は計ったようなタイミングで押し被せて来る。
 「       どうする?」
 ああ、とキョーコは目を伏せた。もう駄目だ、と思った。この人に逆らえない。神の寵児だと思った人は、実は悪魔だったのかもしれない。
 ねだるような      ひどく頼りない微笑に誘われ、彼女は頷いてしまった。
 「お願い、します…」



18歳以上&エロOKな方→(4)へ
18歳未満&エロ不可な方→(5)へ((4)がなくても読めます)
  web拍手 by FC2

続きを読む

ただ乞いて(2)

 2回目は、一応18歳未満閲覧禁止ということでお願いします。まだ大丈夫な気もしますけども、まあ念のため。

 ちゅーわけで、大丈夫なお姉様がたのみ以下のリンクよりお進み下さい。

 →ただ乞いて(2) web拍手 by FC2

ただ乞いて(1)

 「お願い、します…」
 と確かに言った。大好きな人に、けれどそう言えない人に。ひと晩だけでも、この人が自分のものになるならと。
 けれど…
 強く抱き寄せられた瞬間、もう後悔していた。
 「あ…」
 思わず逃れようともがきかけると、蓮の腕にはますます力がこもる。
 「敦賀さん…苦しい、です…」
 弱く震える訴えに俳優は耳を貸さず、ただ彼女の耳に囁き入れた。
 「このまま、抱いていい?」
 キョーコがびくりと肩を跳ねさせた。
 「だっ…駄目、嫌です!お、お風呂…お風呂入らせて下さい…!」
 蓮の手が緩んだ。ゆっくりと、名残惜しげにキョーコの肩から腕を伝って離れて行く。
 「…OK、ゲストルームのバスにどうぞ。その間に俺もざっとシャワー浴びるから…俺が待ってられる内に、出て来て。でないと乱入するよ」
 「らっ!?敦賀さ」
 言いも果てず、言葉は乱暴に塞き止められた。
 「んっ」
 男の名前の形に開いたままの唇をそれよりも大きな唇が覆い、彼女の中身を飲んでしまおうとするかのように強く吸い上げる。
 キョーコは苦しげに眉を顰め、つかまれている腕を振り解こうともがいた。びくともしない。
 トップ俳優の自宅の馬鹿げて広いリビングに、くちゅ、ぴちゃ、と淫らな液音が繰り返し響き、彼女は恥ずかしさに泣きたくなった。
 男の腕を叩いても胸を押しても、唇は離れてはまた合わせられる。
 散々に貪られ酸欠を起こしそうになった時、やっと解放された。二人を繋ぐ細い細い銀の糸を引き、へたへたと床に座り込んでしまう。
 浅い呼吸を繰り返す細い肩に手を添えて立たせ、蓮が呟くように言った。
 「…行って。タオルなんかも、置いてあるから…」
 声に含まれる切迫から逃げ出すように、キョーコはゲストルームへと身を翻した。

 

 
 「あ、の…お、お待たせ、しました…バスローブ、お借りして…」
 キョーコがもじもじと寝室に入った時、蓮は巨大なベッドの上、壁に背を預けて目を閉じていた。光量を抑えた室内に、影のように沈んで。
 「敦賀さん?」
 「君の足音を聞いてたんだ…逃げ出すんじゃないかと思って」
 ぽつりと言われ、彼女は小さく息を呑む。ばれてる、と唇が動いたようだった。
 俳優がゆっくりと目を開く。端整な顔に滲み上がる、艶麗な微笑。
 「でも、来てくれた」
 「よ…」
 るの帝王、と言いかけた声こそどうにか飲み込んだものの、キョーコは思わず一歩下がってしまった。蓮は視線だけでそれを追い、するりと右の手を差し伸べる。
 「おいで」
 こくり、とキョーコの喉が鳴った。
 足が震える。唇がわななく。心が、ひどく、痛む。この手を取ることは正解じゃないと叫ぶ。行くな。欲しがるな。
 早く、逃げ出して、もう、二度と      
 大きな瞳に強い感情が走った。
 そんなの無理。もう、とっくに。
 ぎゅうと目を閉じ、開けると。
 いつの間にか、蓮がベッドを降りて目の前に来ていた。
 「つっ」
 「何、考えてた?」
 「え」
 「そんな哀しそうな顔して、誰のこと考えてた?」
 「敦賀さ…ん?」
 怒っているのだろうか、自分がこの期に及んでもまだ迷ったりするから。視線を揺らすキョーコを捉えて引き寄せ、屈み込んだ長身の俳優はほのかに紅の差す耳朶をはぷりと噛んだ。
 「やうっ」
 身を縮めるキョーコに、クスクス笑って言う。
 「レッスン1。駄目だよ、これから抱かれるって相手から気を逸らしたりしちゃ」
 大きな両手が血の色を浮かべる頬を包んだ。
 ちゅ…
 軽やかに合わさる唇。離れてはすぐに戻り、その度接触は深く強くなる。舌が絡め取られる。
 「ん、…ふ…」
 ちいさく呻くキョーコの頭を抱えて少し反らさせ、蓮は首筋へと舌を這わせ始める。
 「あ」
 「いい匂いがする…」
 耳の下を丹念に舐めながら囁かれ、キョーコはこみ上げる羞恥に気が遠くなりそうだった。
 「不思議だね。同じ石鹸が置いてあるはずなのに、君の方がやわらかい、いい匂いになる」
 「そ…そんなこと、ありません。敦賀さんだって…」
 「うん?」
 下から覗き上げられ、ひたりと視線が合った。途端に言葉が喉に張り付いて出てこなくなる。
 なのに男は要求して来る。
 「俺だって?何?」
 「う、あ…」
 「聞きたいな…キョーコ」
 「キョ!?
 「…あ!」
 いきなり呼び捨てにされて一瞬自失すると、蓮にひょいと腰を回された。諸共にベッドに倒れ込む。
 ばうん、と跳ね返る体は男の腕の中。顎を押さえられて身動きが取れなくなる。
 「言わないなら、君を同じ匂いにして自分で嗅いでみようかな」
 言いながら蓮は、伸び上がってキョーコの髪の中に顔をうずめる。何度もキスする度に鼻先を喉仏にくすぐられ、少女は堪えかねてきつく目を瞑る。すこし呂律の怪しい口調で一気に言った。
 「いっいい香りです!敦賀さんは、いい香りがして、近くにいるとなんか安心できて、気持ちよくなるんです!!」
 ぴたりと蓮が停止した。
 我に返り、キョーコは恐る恐る覆いかぶさっている顔を見上げる。目が合った。
 「…そう」
 微笑を湛えた唇が甘く…淫靡な囁きを吐き零す。
 「じゃあ今夜はきっと、最高に気持ちよくなるよ        




18歳以上&エロOKな方→(2)へ
18歳未満&エロ不可な方→(3)へ((2)がなくても読めます)
web拍手 by FC2

続きを読む

ただ乞いて(導入部)

 「…挿れるよ?」
 かすれた声が、闇の中にそっと零された。蓮の唇は心臓の真上に新しい花びらを刻んでいる。
 「っ…」
 キョーコは喉の奥に詰まる息を噛み、両腕で顔を覆ったままふるふるとかぶりを振った。恥ずかしい。怖い。情けない。やっぱり、こんなこと。
 「…や……っ」
 しかし大きく割られた膝は解放されるどころか一層高々と持ち上げられる。
 「ダメ」
 「つ…るがさ…」
 「君が望んだことだ」
 半泣きのキョーコの上に落とされた声に含まれるのは、欲情、期待、愉悦、切望、
 …絶望…?
 白い裸身の下で、ベッドのマットレスが溜め息のようにきしと軋んだ。



→NEXT web拍手 by FC2

続きを読む

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。