スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

あした世界がおわるとしても(5)

 細い声が聞こえた。
 倒壊したビルの残骸に、懐中電灯を持った何人かの人影がとりついている。いや、よく見ればその中心には地面に寝かされている小さな影と、それに抱き縋って身も世もなく泣きむせぶ女性の姿があった。
 「みれい…深令以ちゃんっ…目を開けて、お願いっ……」
 子供を亡くしたのか、といたましく思った時、周囲を取り囲む人垣の中から溜め息が洩れる。
 「恭子さん、とにかく遺体を綺麗にしてあげて」
 母親のものだろう名を聞いた途端、蓮の心臓が跳ねた。きょうこ。
 「遺体なんて言わないで!!」
 「恭子」
 彼が求めて已まない少女と同じ名を持つ女性はうわずった声で叫び、傍らに屈む夫らしき人物の手を振り払って激しくかぶりを振る。
 「信じない。こんなこと、信じない…!!」
 「恭子、落ち着け…深令以はもう」
 「あなたまでそんなこと!?これは何かの間違いよ、こんなことあっていいはずないもの。みれいはもうすぐ目を覚まします!!
 「覚ますん…だからっ…あああああ!!」
 泣き崩れる姿を見ていられず、蓮はそっと視線を外した。人垣の中から胡乱げに振り返る者もあり、止まってしまっていた足を再び動かし始める。
 それでも、どこか気持ちの一部を残してしまったような感覚を覚えた。
 もしも、と考えずにはいられない。
 もしもキョーコと結婚し、彼女が彼の子供を産んで。…くれたら。
 もしもその子が、こんな風に不慮の事故で命を落としたなら。
 自分は、そして彼女は…?
 「…!」
 蓮はひとつ深呼吸して、その不吉な想念を追い払った。今は影もない未来よりも、キョーコのことだ。キョーコがあんな風に、泥まみれ…で…
 冗談じゃない!!
 気が急いた。もう彼女によほど近づいたはずだと思えば更に。
 自分の、余人よりも大きな歩幅さえ足りないばかりでもどかしい。
 なのにそれすらも、闇と瓦礫に邪魔されて思うままに運べないのが腹立たしい。
 その上…
 彼女のマンションへの目印になる建物の影がうまく見取れない。いまだに電気が復旧しないことは仕方ないとしても、せめて雲間の月明かりくらいは与えてもらいたいと思った。
 (もう、近くまで来たはずだけど…距離感がつかみにくいから、それも自信はないな)
 苛立ちと共に暗い空を見上げた蓮は、額に浮く汗を手の甲で拭いながら顔をしかめる。
 (とにかく、一本入ってみるか)
 考えて視線を地上へ戻した時、
 「…っ!」
 息を呑む気配がして、彼はさっとそちらに目を向けた。




 
web拍手 by FC2

続きを読む

あした世界がおわるとしても(4)

 もう2/3ほどの行程はこなしたと思う。
 空は早や暮れなずみ、藍色の天球を墨のような雲がのろのろと蠢き覆って行く。じきに、灯りのない街はおよそ都会人の忘れ去った始原の闇に沈むことだろう。
 なのに、ここへ来てこれか。
 と蓮は、潮臭い風に吹き寄せられては足元に這い寄る水を忌々しく見下ろす。
 彼の前には、一帯水没した街並みがくろぐろと広がっていた。とにかく最短距離を採って来たのが裏目に出て、相当に大きく迂回する破目になりそうだ。
 周囲には、とりあえず警報が解除されたらしく人の姿と声が戻って来ている。それにしても、茫然と座り込む者の多い男に引き比べ、テキパキと片付けや物品の回収を始める女性たちの姿が何ともたくましい。
 なるほど女性の適応能力というものは大したものだ、と自らの恋人を思うにつけ蓮は感心する気持ちになった。これは、身のうちに永遠を宿す性であるためなのだろうか?
 どうん、という鈍い音に振り返ると、どこから調達したのか遊具のようなビニールボートを水面に下ろし、しきりに近くに立ち尽くす男を手招く女性の姿があった。
 「ほら、あなた。行くわよ。貴重品と、できるだけの生活用品も持ち出さなきゃ」
 「あ、ああ…」
 「しっかり漕いでちょうだいね」
 生返事を返す夫にプラスチックのオールを渡し、彼女はきりりと黒くうねる水に浸る我が街を見渡す。導きと守護の女神とも見紛う頼もしさに、蓮は唇に微笑が浮かぶのを感じた。きっとキョーコだって無事でいる、そんな気がして。
 同時に、ふと疑問を覚える。
 無事でいるなら彼女は、果たしてじっとしているだろうか?
 自問への結論はすぐに出た。とてもそうは思えない。
 (そうだな…)
 まず揺れが収まれば、ともかく状況を確認する。都内中に避難勧告が出ているし、蓮の部屋に下手に居続けては高層難民となってしまうかもしれない。
 となれば。手早く(多分彼の分まで)荷物をまとめ、戸締りもきっちりした上で部屋を出るのではないか。伝言を残すなら、差し詰めエントランスの郵便受け。
 そして向かう先は?
 蓮は眇めた目の奥で暫し思案する。最寄の避難場所、もしくは彼女の自宅。他に選択肢もないではないが、このどちらかである可能性が最も高いと思われた。
 ではどうする。
 ともかくも、彼女がいないか、あるいは伝言を残していないか見確かめに一旦彼のマンションに戻るか。
 それとも、方向こそ逆だがここからならむしろ近い彼女の部屋に向かうか。
 蓮は問いかけるような視線を刻々色を濃くする空に投げた。どうすれば、君に一番早く会える?
 空も雲も風も答えをくれるではなかったが、ただ、目の端を白いものがかすめた。
 東の空、ビルの窓だろう高い位置で小さな灯りが点る。続いて、ポチポチと光が散らばり始めるのが見えた。
 (電気が復旧したのか…)
 停電が昼間でなかったら、もっと沢山の灯りが一斉についたのかもしれない。
 そんなことを思いながら視線を移すと、断線でもあるのか西側は暗いままだった。
 心が決まる。
 キョーコが一人で灯りもないままの場所にいるのなら、一刻も早く駆けつけなければ。長身の影は西へと足を向け変え、速いペースで歩き出した。






web拍手 by FC2

続きを読む

あした世界がおわるとしても(3)

 煙が流れて来ている。
 瓦礫と砂と灰に覆われた路上で、蓮はふと立ち止まった。すると足の下に、こまかな震動を感じる。
 ひどく痛む目で、周囲を見回した。熱っぽくくすぶる大気の中、炭化した建物がやけにうつろに立ち尽くしている。大規模な火災があったのか、それにしては消防車もろくに来られなかっただろうに鎮火が早いと首を傾げた。腕時計は最初の地震から3時間ほどの経過しか示していない。
 よく見れば、被害区域は線状に連なっているようだ。火災旋風の通過あとだろうかと思った時、だばだばと水の零れ落ちる音がするのに気付いた。
 音を辿って焦げたビルにそろそろ近付くと、狭い駐車場に面した外壁に取り付けられた水栓から透明な水が溢れ出している。その下の流し場には、外装タイルごと剥がれ落ちて来たらしきブロックがひとかたまり、端から潰れた蛇口を覗かせながら水に洗われていた。
 頭上を見上げれば、やはり焦げたタンクの影。あれが空になるまで水は流れ続けるのか。
 蓮は壁を強めに蹴ってみた。特に揺れるようでもなかったので、社に借りたマネージャーバッグからタオルを出し、流水で手と顔を洗いうがいをする。少し考え、コンタクトも外してケースに収めた。ついでに、濡らした手で髪をぐしゃぐしゃかき混ぜる。
 カイン・ヒールと敦賀蓮と久遠・ヒズリを混ぜたような気分にくすりと笑う。ここまでに行き会った人間もないではなかったが、みな彼に気付かないか気付いても一瞬目を瞠るくらいですぐに気を逸らした。なるほど、この非常時に俳優を見たでもないだろう。
 とは言え、まだ道のりは遠い。変装と言うほどではないにしても、多少わかりにくくしておくのも用心というものだ。
 それにしても、この様子を見たらキョーコは何と言うだろう?
 自分が本来金髪(ついでに碧眼)であることを含め、いろいろと彼女に話していないことがある。
 彼女はすべてを差し出してくれているのに。
 もしも明日世界が終わるとしても、自分は彼女を手離す気はないのに。
 ひとつ溜め息をつき、蓮はガードレールの支柱に腰を下ろした。沈黙したままの携帯を確かめ、バッグに収められた銀色の保冷バッグから水のペットボトルを取り出す。ふた口ほど飲んで水はしまい、代わりにラジオを引っ張り出して電源を入れた。
 マネージャーが主に道路情報の確認用に使っている携帯ラジオのチューナーをいじるうち、テンションの高い女性の声が流れ出て来た。雑音が酷い。
 『…圏全域が停電のまま…基地局も…携帯電話は使えない状態…混乱が続…』
 ああそうか、と蓮は納得する。携帯電話があまりにも当たり前になっていて考えもしなかったが、大規模な停電で基地局から電波が飛ばせない状態になっているのだから、携帯も通じなくて当然だ。何だかんだ、自分もあまり冷静ではないなと俳優は小さく苦笑した。放送局の自家発電システムがどのくらいの稼動容量を持つのか知らないが、このラジオ放送もあるいは都内から流されているわけではないのかもしれない。
 『まだ警報……避難…災害救助隊の出動……』
 切れ切れの声を零すラジオを切り、蓮は立ち上がった。
 どうやら危機はまだ続いていて、警報解除の見込みすら立っていないようだ。
 もしもまた大きな揺れが来たら…
 目を伏せて不吉な想念をやり過ごし、大きく深呼吸する。焦って体力配分を間違えたり周辺警戒を怠ったりしないよう、慎重に歩き出した。キョーコを見つけて、守らねばならないのだから。
 そうして…
 彼女に、自分はすべてを話すだろうか?
 キョーコは受け入れてくれる、という気はする。自信ではなく、信頼において。
 彼女を誰よりも愛している、信じている。なのになぜいまだに真実だけを隠しているのだろう。
 焦げ臭い微風を嗅ぎながら、彼は自問した。
 彼女への道を辿るうちに、答えは出るだろうか。




→NEXT web拍手 by FC2

続きを読む

あした世界がおわるとしても(2)

 「キョーコちゃんが…」
 担当俳優がどれだけの思いをその名の主に傾けて来、現に傾けているかマネージャーは知っている。なにしろ本人よりも先に蓮の中に生まれた思いに気付き、それを育てさせるべく煽り続けた張本人だ。
 二人が交際を始めた時にも誰よりも喜び祝福し、以来、それまで同様どころか以上に協力することひととおりではない。
 だから知っていた。
 止められない、と。キョーコの姿を目にしない限り、蓮は安心しないだろう。
 「社さん」
 俳優は呼びかけたのではなかった。『俺の意思は伝えましたからね』と確認したのだ。じゃこれで、と背を向けようとする蓮を、社は慌てて呼び止めた。
 「れ、蓮っ」
 「何ですか」
 焦りを滲ませて振り返るのへ、彼は肩にかけていたバッグを差し出した。
 「これ持ってけ。水とタオルと救急セット、ラジオも入ってる」
 「…ありがとうございます」
 一瞬目を瞠った俳優がバッグを受け取って礼を言う。自分の鞄から財布や携帯やいくつかのものをそちらへ移すのへ敏腕マネージャーはふと笑って手を伸ばし、邪魔だろうと不要になった方の鞄を預かった。大きな背中を押し出すようにぽんと叩く。
 「携帯通じるようになったら連絡入れろよ!あと、キョーコちゃんも心配だけど、お前も怪我なんかしないように」
 「気をつけます」
 「うん。
 「キョーコちゃんはきっと無事だよ。あの子、ちょっとやそっとじゃへこたれないしな」
 「そうですね…」
 苦笑する蓮に手を振り、社はしばし佇んだままその背を見送った。




 街はひどく静かだった。
 いまだに大気が低く唸るように鳴っているが、普段ならそこここに満ち溢れているはずの交通や生活の物音が一切ない。それがまるで死の国を一人さまようように思え、蓮はかぶりを振って心もとなさを遮断した。
 気の急くままに速足で歩くうち、じきに川に行き当たった。橋は津波の影響で遡行した水に浸され、路面には水溜りと細かなひびが多数浮いている。人間ひとりが渡ったところですぐさま崩れ落ちることもなさそうではあるが、水の力とは恐ろしいものだと蓮は実感した。知識としての災害と実際に目にする被害との、なんと印象が違うことだろう。
 泥色の水は護岸工事を施した土手を覆うまでに迫り、対岸近くの橋げたに引っかかっているボートの残骸らしいものを引き入れようとしきりに揺すぶっている。鼻先に潮の匂いを感じ、あのボートはどこから流されて来たのだろうと蓮は思った。
 濁流に吸い付けられそうな視線を努めて足元に向け、慎重に傷んだ橋を渡る。
 渡りきった先では、道路と橋とを繋ぐ鋸歯型の金属がめくれ上がるようにずれていた。俳優は長い脚を利してそこを跨ぎ越え、小さく息をつく。たった10分も歩かないうちに、ひどく神経が磨り減った気がした。
 しかし心中の焦慮に引きずられるまま歩みを再開する。キョーコを腕に収めるまでは、せめて無事を確かめるまでは安心できない。もちろん、無事を信じてはいるが。
 歩きながら、ポケットから携帯電話を取り出してみた。メールも通話も着信なし、と確認したところで電池残量が心もとないことに気付く。さきほど、電波状況が最悪な状態で何度も通話を試みていたのがまずかったか。
 蓮は周囲を見回した。
 数ブロック先の角に、コンビニのポール看板が見える。あそこで電池式の充電器でも手に入らないかと足を速めた。おそらく従業員はとうに避難しているだろうが、レジのあたりに代金を置いて行くことにしよう。
 割れたアスファルトをあるいは避けあるいは跨ぎ、蓮はコンビニに近づいて行く。駐車場に差し掛かった時、店舗前面のガラスが悉く割れているのに気付いた。さらに近寄り、それが必ずしも地震による被害だけには見えないことにも。
 通りすがりか狙った上か、不埒者が火事場泥棒を働いたのだろう。ガラスは内側へ向かって飛散し、店内は手ひどく荒らされている。ことに食料品の棚などは総浚いにされているから、一人や二人の犯行ではないのかもしれない。
 現実問題として食料の確保は重要であるが、入手手段が盗みでなくてはならないとは到底言いがたい。人間は浅ましいものだと嘆息が洩れた。
 だがとにかく、彼がこの場にいることを誰かに目撃されればあらぬ誤解を受けるに違いない。早々に目的を達し離れようと店内に踏み込んだ。
 幸い、2列目の陳列棚に目的のものを見つけた。充電器とそれに使える電池をいくつか取り、こじ開けられ小銭しか残っていないレジに代金を入れておく。
 コンビニを出て、再び道へ戻りながら携帯を充電器に接続する。ついでではないが試しにキョーコの携帯番号にかけてみるが、やはり繋がらなかった。
 蓮は充電中であることを示して点滅するランプを見つめて吐息を噛んだ。小さく呟く。
 「信じてる…」
 無事でいることを。いざとなると相当に腹の据わる彼女が、突発事態にもきちんと対応していることを。きっと、逆に蓮を心配しているのではないか。
 「信じてるから」
 無事でいてくれ。
 希望と感情と信頼と祈りと。矛盾などはどうでもよく、ただ彼はキョーコの笑顔を心に描いた。




→NEXT web拍手 by FC2

続きを読む

あした世界がおわるとしても(1)

※首都圏が地震に襲われたという設定の話です。現状を鑑み、ご不快の可能性がある方には閲覧をお奨めいたしかねます。










 私をたべてください。

 と彼女は言った。
 もし、そんな日が来たら。そうしたら私は貴方の血肉になって、ずっと貴方を生きられる。
 そんな残酷なことを、彼女は言った。自分を俺に与えるつもりで、自分を俺から取り上げることを。
 だから、俺も言った。

 俺をたべるんだよ?






 ちょうど昼時だった。
 直下型の地震に襲われ、南関東は甚大な被害を被った。最初の激震がひとまず収まったあとも大気と大地は不気味に鳴動し続け、人々は余震を恐れながら避難の準備をする。
 そこへ、やはりもう一度大きな揺れが来た。
 のちの調査でこれは余震ではなく今ひとつ別に海溝型の地震が誘発されたのだと知れるが、いずれにしろ手ひどい追い討ちとなったことに変わりはない。
 東京湾には大規模な津波が発生し、液状化を起こし始めていた沿岸地帯を襲い建築物を押し流す。
 昼食の支度をしていた家や店から火が出、特に繁華街で発生した火災旋風がビル風に乗って広範囲に荒れ狂う。
 長周期震動により揺さぶられる高層建築物からはガラスやものが落下し飛散し、二次被害を及ぼす。
 交通を始めインフラはことごとくマヒし、
 家屋やビルの倒壊、地下鉄路線の崩落、路面の陥没その他もろもろ。
 首都圏の都市機能は壊滅状態に追い込まれた。



 一向にコールすら始めようとしない携帯を閉じ、蓮は茫然と立ち竦んだ。
 黒い、墓標のようなビル群に遮られて切れ切れに見える南東の空が、夕刻でもないのにひどく赤い。そちらには彼の自宅マンションがあり、そこには…
 「蓮、早く」
 背後の呼び声に、俳優ははっと振り返った。社が避難所に向かう列を指差して続こうと促している。蓮は迷う素振りを見せたが、マネージャーに歩み寄るとやけに平静に尋ねた。
 「どの道これ、しばらくは撮影になりませんよね」
 「え?そりゃあ…付近の景色まで変わっちゃったわけだから、ひょっとしたらロケ地自体変更になるかもな」
 と社は機材を手早く片付けるロケスタッフたちを見ながら眼鏡のフレームを押し上げた。端整な顔が埃にまみれ、眼鏡のレンズにもひびが入ってしまっている。
 蓮は小さく頷き、もう一度南東の方角へ目を向けた。
 「俺は避難所には行きません」
 ぽつりと言うと、社が目を剥く。
 「え!?な、なんで」
 「自宅に戻ります」
 「だけど、交通機関が動いてるとは思えないぞ!?」
 「歩いて行きます。せいぜい30km程度でしょう」
 「せいぜいって…」
 数秒絶句してから、マネージャーは職掌に則って声を荒げた。
 「駄目だ、許可できない。危険だ!」
 強く言い切るのへ、長身の俳優は同じほど強い視線を返す。
 「帰らないと…子猫が部屋で待ってるんです」
 「子猫?いつからペットなんて…いや駄目だ、そりゃ猫は可愛いだろうがお前の安全には引き換えられない」
 「だけど」
 蓮の瞳が焦げ付くような感情を帯びた。
 「あの子がいないと生きて行けません」
 「蓮…?」
 問い返す社が、不意に息を飲んだ。
 「まさか…」
 蓮と南東の空とを見比べる。俳優は苦しげに頷いた。マネージャー以外の誰にも聞こえないように声を落とす。
 「部屋に、キョーコがいます」



 

web拍手 by FC2

続きを読む

検索フォーム
作品一覧
サイト「花うてHP!」トップよりブログ内の作品のリストに飛べます。閲覧者の皆様のアクションに対して加算させて戴く「花うてポイント」の説明・管理もこちらよりどうぞ!

作品リスト(サイトトップ)

アクセス

・メールフォーム

・BBS

リンク

◆リンクページ


◆当ブログへのリンクについて

当ブログはスキビコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーといたします。


ブログ名:花のうてな

管理人名:みなみ なみ

URL:http://hananoutena.blog14.

fc2.com/


 ↓各ジャンルごたまぜの本サイト。

↓スキビの同人誌作品をブログ記事として収載・販売しています。(2014年7月までで更新停止)

 ↓BUD BOY二次です。


  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。